動画サイトと著作権

先日とある曲を急に聞きたくなって、CDを所有しているんだけど探し出すのも面倒なので、youtubeで聞くことにした、検索してリンクを開くと、「この動画は著作者(実名)さんの申し立てにより削除されました」って出てガックリ、実名入りで削除されてい見たのは初めてで驚いた。

実名調べたらそバンドに所属していたミュージシャンの人で、勝手にうpされているのが嫌でyoutubeの削除依頼したんだろうが、20年近く前の曲だしyoutubeに上がっている方が知ってもらえる機会が増えていいんじゃないかと、消された行為が残念に思えたが、よく考えるとyoutubeやニコニコ動画はJASRACにテラ銭払っているので、著作権を理由に削除っていうのも少し違う気がした。

追加情報として調べたら、該当する曲の入ったCDが3年前に再販されていて、JASRACの番号は入っている。

JASRACはニコニコ動画の場合売上の1.87%とか結構な金額を請求しているんだけど、その売上はちゃんと動画がアップされたアーティストに還元されているのか、そこらへんがちゃんとしていたらアーティスト自身がYouTubeに削除依頼しないと思うという疑問が湧いた。
大槻ケンヂの件もあり、どうもあの団体は目的通りの活動をしていないように見えるという、個人的感想。

広告