桜組二期生のリーダーらが造反

経団連西山会長率いるアイドルユニット桜組11月28日の公演が遅れた舞台裏に待遇改善を求めるトラブルが発生。
リーダー格の桜春香、桜いすず、桜みなせが開演15分前に待遇改善要求、要求が通らないと出演しないとゴネだした、ステージの準備で多忙の西山代表は「あとで聞くから」と返事をしたら、メンバーが全員が逃亡、開演時間15分後に待遇に不満のない若手メンバーが泣きながら戻ってきて、残ったメンバーだけで公演をなんとか行った。

なお会長は今回の騒動の原因をブログ上でこう書いている。
桜組ブログ お詫び

①桜組を潰そうという勢力が台頭して来て、その人達の妨害工作に純粋なリーダー3人が引っかかってしまった。誰かが裏で糸を引かなければ、あんな度胸が女の子にあるものでしょうか。

②単純に待遇改善のことだけなら何故、あの場でなければならなかったのか説明がつきません。
とにかく全責任は私にあります。只ひたすら皆さんにはお詫び申し上げる次第です。
3人は戻ってくれば今回のことは不問に処します。種々ご批判もございましょうが私も道楽でやってる訳ではありません。
4日(土)、 5日(日) 18:00から開演します。尚、4日はCDのリリースがあります。
お待たせしましたが新曲「忍法 愛のトラップ」も発表致します。
今、若手が猛練習中です。

長々とお読み下さいましてありがとうございました。  合掌

株式会社キャピタル 代表 西山 由之

会長が心配するように桜組を潰す勢力は存在するのか?脱走した3人は戻ってくるのか?など気になる要素満載。
この件はアイヲタのつぶやきで知ったんですが、かつてwjプロレスで越中詩郎、大森隆男、安生洋二、木村浩一郎が待遇改善を求め、レイバーユニオン(労働組合)というチームを作って長州力に造反し、フロントの永島勝司専務(老人)にリングに上がれと無理難題をふっかけた事がありました、桜組のこの件はその時のwj思い出しました、話の展開がとてもプロレス的だ。

動画は桜組二期生による忍者体操