ローマで連続テロ

写真はスペインの対テロ訓練のイメージ flickerより

ローマで大使館を狙った連続テロが発生

犯行の手口は小包爆弾、被害にあったのはスイスとチリでスイス人男性は小包を開いたとたん爆発、両腕を失うかも知れない深刻な負傷、その数時間後チリ大使館でも爆発、ウクライナ大使館でも不審物が発見されたがこちらは危険物ではなかったようだ。

関連ニュース一覧 google

時事通信によると

犯行声明などは出ていないが、伊レプブリカ紙は、無政府主義グループが事件に関与している可能性があるとの専門家の見方を伝えた。また、スイスでは環境保護過激派のメンバーが服役しており、それに反発した犯行との観測も出ている。

2012年の終末論は信じていませんが、景気が悪いせいか世界的にピリピリしていて爆発寸前まできているのは事実で世界戦争にベクトルが向かっているのが心配です。

広告