中国製携帯に盗聴器の噂

ideosのファーウェイ社の携帯に盗聴器twitterで見てソースの産経の新聞の記事を見ると5月の記事だった、タイミング的におかしいと思ったら12月31日二階堂ドットコムにソフトバンクの中国部品使用携帯電話は盗聴チップ付き!に興味深い記事が。

二階堂はソフトバンク強調しているけどイーモバイルはファーウェイ端末率が異常に高い。

産経新聞より引用

【ニューデリー=田北真樹子】インド政府は3月から、一部の中国製通信設備・機器を、盗聴のための“スパイ部品”が組 み込まれているとして、安全検査を厳格化するなど締め出している。国境をめぐりかつて戦火を交え不信感が根強いインドと中国は近年、経済関係を拡大させて おり、今回の措置によってインド国内の関連産業にも影響が出る。この問題は両国の貿易摩擦を誘発しかねず、波紋は大きい。

インド政府の措 置の対象となっているのは、中国の通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)や中興通訊(ZTE)など。関係者によると、華為などが製造する電話交換機と いった通信設備・機器には、盗聴機能などが備わったチップが組み込まれており、遠隔操作で機密性が高いネットワークへの侵入も可能になるという。このた め、インド政府は安全保障上の重大な問題だと受け止め、対策を講じた。

華為などの“スパイ部品”の存在は欧米でも指摘され、特に華為は経営陣に人民解放軍関係者がいるとして、中国政府との関係が問題視されてきた。

にもかかわらず、インド政府はここ数年で複数の中国通信企業にインド市場への参入を許可。インド携帯電話市場の爆発的な拡大を背景に、昨年、華為の年間売り上げの11%をインドが占め、中国企業にとって重要な市場となっている。

※ 引用終わり

今回の話はトンデモ陰謀論ではなく根拠がなければインドがスパイ部品指定はしないでしょう、正直なところ中国や韓国の携帯電話に限らず、売国企業 帰化経営企業 外資系企業 外資資本、外資の扱うクレジットカード保険、銀行、google等のwebサービス全部疑ってかかった方がいいと思います。

一般人が直接被害に感じるケースはないでしょうが政治的に敵国になった場合、これらの企業が持つ個人情報(資産、家族構成 カード番号 パスワード)を悪意的に利用した場合の最悪のケースを想像すればけっこう恐ろしい事です。