Apple3万円の福袋の中身

この不況の中Appleの3万円の福袋LuckyBugがバカ売れって話です。
AppleStore心斎橋に前日から400人の行列が並び、213個準備された福袋があっちゅーまに売り切れ、あたり袋にはIpadやMacbookなんかがあるそうです。

詳細なレポがkodawarisanさんにアップされています。

当たり袋つかまなくても現場の人は福袋バラして交換しあったりするメリットがあるのかな?大阪人が並ぶとは考えづらいので、400人の行列はちょっと驚きですね、このクソ寒いのに徹夜して並ぶなんて皆さん根性がありますね、自分なら友達と一緒でも1時間が限界です、現金もらえるなら考えるけどIpad只でやるって言われても徹夜は無理、絶対無理。

店側にとって福袋なんてのは体のいい在庫整理の手段袋の中身が総額いくらって言っても在庫の値打ちは二束三文、客側には数量が少なく3万円でも金額的に損がなく、あたりにには高額な商品が入っていて射幸心を煽っている、外れでも転売すれば損が少ない、Appleの魔法にかかっても仕方がないけど、やっぱ徹夜はないわ。