プロレス的にモバイル通信会社を見る

iphoneの独占販売が終了って事でdocomoやauのユーザーが細工をしなくてもiphoneが利用できるようになるかもしれません。

「iPhone」の独占販売契約が全世界で終了、世界各国の携帯電話会社にチャンス到来中 – GIGAZINE.

プロレスに例えるならノア(apple)のカリスマ三沢光晴(ジョブズ)が亡くなり(休養)田上明(cook)に社長交代したとたん、揉めていた新日本プロレス(docomo)と電撃和解し今までのもめ事が嘘のように選手の交流が盛かんになったって状況に似ています。

プロレス団体とメーカーやモバイル通信会社を無理やり理屈をつけて結びつける試み。

アップル=プロレスリング・ノア

三沢社長の頑張りで一時は業界のトップに、限界を超えた試合スタイルはファンの信頼が大きくノアだけはガチやノア最高論を唱える信者的なファンが多いのが特徴。

ドコモ=新日本プロレス

国内最大手の老舗団体、サービスの安定性や品質が高いが打たれ弱く軸がぶれやすく電電公社からNTTに民営化された時とは状況が違うが、経営難の時にユークスの子会社になった、興業エリアは沖縄から北海道までと広く人口カバー率でもトップクラス。

au=全日本プロレス

ジャイアント馬場が立ち上げた団体だが、馬場の死後に後のノアの社長となる三沢が後をつぐが離脱後、新日本プロの武藤が移籍し社長に就任、武藤の方針はくっつかず離れずで独自のスタンスを進む姿勢はCDMAがオーバーラップする、品質は安定している。

ソフトバンクモバイル=IGF

アントニオ猪木が立ち上げた団体で柔軟に何でも受け入れるが、同時に資金源など怪しい匂いもプンプンで、ブック・レスナーを使って新日本のIWGPのベルトを強奪したり猪木が率先してヨゴレ仕事をしたりとしている、営業で表の猪木は白い犬で裏に回ると孫社長という印象、突然バカヤローとプッツンして圏外になりやすい。

メジャーなところは出たのでここから先が難しい。

WIMAX系=みちのくプロレス、ドラゴンゲート他ジュニア団体

電波が非力なので建物の奥に行くと圏外になりやすいが、つながると最速のパフォーマンスを見せる、入場料(通信費)の設定も安く初心者も安心して見られる、みちのくをUQWIMAXの母体として考えると、分裂した大阪プロレス(eo光モバイル)や神戸のドラゴンゲート(ヨドバシ)や沖縄プロレスはMVNOをしているローカル会社と関係が似ている。

日本通信=大日本プロレス

体格的に恵まれていないが(通信速度がu300の場合300k)知恵でデスマッチメジャーというスタイルを作り名勝負で支持率が上がった団体である、過激すぎるデスマッチ(SIMフリー端末、契約による縛りの排除)で邪道な団体に思われがちだが、ベースは本物で(電波はdocomo)日本プロレスを知るグレート小鹿や退団したがケンドー・ナガサキがきっちり指導している。

ウィルコム=ゼロワン

橋本真也がいた時代(DDIポケット)は通信費の安さ当時の携帯よりクリアな通話音質、定額モバイル通信の先駆けとなるエッジ等そこそこの需要があるが、社内の内紛で代表の橋本が退団、ZERO1MAXにして新会社化(WILLCOM化)スマートフォンをいち早く発表するも受けず、巨大資本ハッスルの力(カーライル・グループ)を借りるが人気の回復につながらず一時活動休止(willcomの会社更生法申請)に、大谷を代表にZERO1と改め活動再開。

イーモバイル=ハッスル

ハッスルはPRIDEのDSE巨大資本を使ってメジャー団体以上に豪華なカードや和泉元彌や川崎カイヤをデビューさせるなど、「ありえない」が売りだったが、芸能人のインリンを女王様キャラのエースに仕立て(100円PC)ニワカ層の取り込みに一部成功する、ハッスルはDSEから独立し社長交代しレーザーラモンHG・RGをエース(20メガオーバーの端末)にするも資金面がうまくいかずインリンのギャラ未払い結婚引退と契約トラブルが起きている、のちに某財団系列の社長に交代し竹内力(ポケットワイファイ)をエースに再生中に活動中止した同代表は格闘技イベントに方向転換したため事実上消滅、、元ゴールドマンサックスの人間が社長に就任したイーモバとこの部分も似ている、当然の事ながらイーモバは現在も運営中。

あとがき

最初はこういう内容じゃなギガジンの記事の引用でiphone独占終了についてサラリと紹介する程度だったんですが、関係のない異文化をプロレス視するのがマイブームでしてジョブズを三沢さんに当てはめてしまったので話の流れが変になってしまいました、通信で統一すればよかったんですが、流れ上ノアだけ移動通信会社じゃなくなっています、新日にもイーモバ的な要素があったり他の要素もあるんですが、まあまあうまく割り振りができたと自分では思っています。

我ながら視点がイカレていると思います、プロレス知らない人が見たら1割も理解できなだろうなw