SPWF上総一宮道場解体式

千葉にあるSPWFの道場がひっそりと閉鎖し解体されました。

解体されたSPWF道場SPWFとは最近引退した谷津嘉章さんが1993年に旗揚げした団体で、プロ部門とプロを目指す部門と社会人プロレス部門という三部リーグ制をとったユニークな団体でプロレスが好きな社会人にプロレスを行う場所を提供した。

プロレス学校の意味合いもあった同団体のコンセプトは時代の先を行っていたが、危険だから素人にプロレスをやらせるなと否定的な意見もあった、95年に団体は分裂し夢ファクトリーにプロの選手が移籍し、SPWFは大幅に規模を縮小し千葉の上総一宮に道場を移し自然豊かな環境で合宿所を兼ね備えたいい環境を整え、2000年ぐらいまでは所属選手少数で細々と興業を続けていた。

のちに2004年頃に、西村修が無我の道場として利用し後に旗揚げする無我ワールドの道場としても利用されるが、都内から遠すぎる理由で、藤波辰爾が道場を全く利用しないことに西村修が腹を立てた事から無我の分裂騒動になったり、インディー選手以外にもプロレスの歴史に影響を与えた道場でした。

道場の解体式に出席したプロレス関係者は矢口選手だけでブログで解体式の様子や道場の思い出とかが書き込まれています。

写真は矢口選手のブログより引用

矢口壹琅 の ONE LOVE:SPWF上総一宮道場解体式 – livedoor Blog(ブログ).

 

解体式に出る谷津さん

矢口選手と谷津さん

広告