NOSAWA論外釈放、しかし新日本プロレスは無期限出場停止を発表

タクシーを盗んだ容疑で逮捕さ荒れたNOSAWA論外が取り調べが終わり21日の深夜に釈放されたようです。

ソースはNOSAWAのタッグパートナーで相棒と呼ぶTAKAみちのくと新日本プロレスのタイガー服部レフリーのtwitterより。

2011/02/21(月) 23:19:47 via twicca

2011/02/22(火) 00:30:35 via Twitter for iPhone takam777宛

NOSAWA本人のtwitterからは何も発表はありません@NOSWARONGAI187

twitterでも一般人ファンの間には若干温度差を感じたりしますが、匿名のブログでのコメントに比べると穏やかです。

刑罰では無免許運転が1年以下の懲役か30万円以下の罰金、酒酔い運転が5年以下の懲役又は100万円以下の罰金、窃盗罪が10年以下の懲役または50万円の罰金、もし傷害罪も適用されると15年以下または50万円以下の罰金ということで、裁判次第では実刑の可能性があるし、執行猶予中だと出国が難しくなり海外での活動が制限されるかもしれません。

思ったより早く出てこれたのは、被害者との示談が順調で被害届が取り下げられたのかもしれませんが、順調の条件はきびしく、TAKAみちのくのK-DOJOか、脛に傷を持つ選手が多いアパッチプロレス等のインディ団体以外は、大麻で捕まった高木功を全日本プロレスは永久追放したし、新日本プロレスも先日正式に無期限の出場停止を菅林社長が発表をしました。

新日本プロレス公式より転載

2月21日(月)新日本プロレス事務所にて、菅林直樹社長が、前日の2月20日仙台大会を欠場したNOSAWA論外選手の処遇に関してコメントを発表した。

■ 菅林社長のコメント
菅林「まず、仙台の会場にいらっしゃったファンの方、そしてPPVをご覧になっていただいたお客様に、突然のカード変更になってしまったことを深くお詫びいたします。NOSAWA論外選手は、フリー選手ということですので、謹慎や解雇といった処分をする立場に弊社にはございませんので、弊社としては新日本プロレスのマットにおいて“無期限の出場停止”という処分をしたいと思います」

■報道陣とのやりとり
――カード変更になったことに関して、お客さんやPPVの視聴者からの抗議などは?
菅林「自分が聞いている範囲では、いまのところはないですね」

――NOSAWA選手とお話は?
菅林「いまは、まだ話せていませんね。彼がコンタクトをとれる状況にないもので」

――“無期限の出場停止”は重い処分ですけど、あの事件をあらためて、どう捉えてますか?
菅林「常識的に考えて、“してはいけないこと”ですので。反省を充分にしてもらって、二度とこういったことは起こさないようにしてほしいですね。当然、本人も反省はしてはいると思うんですけど。いま、とくに飲酒運転というのは、してはいけないことですし。……それだけですね、いまのところは」

本音は置いといて菅林社長はプレス向けにもっと厳しくやるか、不謹慎でも被害者に賠償しやすいように逆に試練の10番勝負仕掛けるとかすればいいのに、猪木ならそうするだろう。