Carrier IQ、情報提供要求、集団訴訟、米議員が調査要請。

Carrier IQのロギング行為を問題視する人々が訴訟に向けて動き出しました、日本の携帯通信社は現在調査中と言う事ですが、かつてない大掛かりのロギングについて、色んなサイトから集めた情報を、簡単にまとめたいと思います。

Carrier IQを解析したTrevor Eckhart氏がyoutubeに投稿

TrevorEckhart さんのチャンネル – YouTube:

11月16日にCarrierIQ社がトレバー氏に法的処置をちらつかせ圧力かけるも25日取り下げ

Android携帯等の全履歴、プリインストールで無断収集(WIRED.jp):ニュース

Carrier IQ社は11月16日、エッカート氏に対して、法的措置も辞さない構えで、多額の損害賠償を求める可能性があると圧力をかけた。ところが21日に、電子フロンティア財団(EFF)がエッカート氏を支持する立場を表明すると、同社は当初の主張を取り下げた。

通信会社と製造メーカーで責任のなすりあい。

Carrier IQ、スパイウェア疑惑の払拭に懸命–「責任は通信事業者に」 – CNET

携帯電話ネットワークの分析ツールを提供し、スマートフォン向けスパイウェア疑惑の渦中にあるCarrier IQが、AllThingsDの取材に応じている。Carrier IQのマーケティング部門担当バイスプレジデントであるAndrew Coward氏は、AllThingsDに対して次のように説明した。「このソフトウェアはOSから大量の情報を取得するが、だからといって、ユーザー情報の収集に利用されているとか、通信事業者に情報を提供しているとかいうことではない」。このセリフは裁判官に言うべきだろう。集団訴訟がすでに始まっているのだから。

 しかも、ホワイトハットハッカーであるTrevor Eckhart氏の動画によって、Carrier IQのルートキットが驚くべき量の個人情報を取得していることはすでに分かっている。だが、Coward氏は、「(Eckhart氏の動画)は、すべての情報が処理されたり保存されたり、あるいは端末から転送されたりすることを示しているわけではない」と釈明している。

 製造業者も次々と、一目散にCarrier IQを見捨てようとしている。Appleはすでに、「iOS 5」のファームウェアにCarrier IQのソフトウェアを組み込むのを取りやめたと明言した。

 なぜ誰もがCarrier IQのデータ収集問題から大急ぎで逃れようとしているのだろうか?Al Franken上院議員が、データは開発企業に戻されているのか、それともサードパーティに渡されているのか、および米国消費者のプライバシーの権利は侵害されてきたのかどうかを問いただして、激しく非難してきたからだろうか? そうではないだろう。彼らが割れた窓から離れる子どものような勢いで逃げている本当の理由は、Carrier IQや通信事業者(AT&T、Sprint、T-Mobile)、端末製造業者(Apple、HTC、サムスン)がすでに第1弾の集団訴訟に直面しているからだ。

 最初の2件の集団訴訟は、認可されていないデータの収集に関する連邦通信傍受法に基づくもので、Carrier IQ、HTC、サムスンが被告となっている。

1億5000万台が被害対象? 訴訟、HTC,サムスン、Carrier IQが被告になる

Carrier IQ問題 – 米では集団訴訟、独ではアップルなどに情報提供の要求 – WirelessWire News(ワイヤレスワイヤーニュース)

1億台を超えるスマートフォンに導入済みとされる「Carrier IQ」ソフトをめぐる騒動が続いているが、米国ではこの関連でさっそく携帯電話ユーザーが通信キャリアや端末メーカー各社を訴えるという動きが起きている。

まず現地時間2日にデラウェア州の連邦裁判所で起こされた訴訟では、4人の消費者がAT&T、スプリント・ネクステル(Sprint Nextel)、T-モバイル(T-Mobile USA)、アップル(Apple)、キャリアIQ(Carrier IQ)の5社に対し、同ソフトウェアの利用を停止することを求めるとともに、権利侵害に対する補償として1件あたり1日100ドルの支払いを要求する内容だという。この4人は「Carrier IQソフトが含まれた端末を利用するすべてのユーザー」に代わってこの訴えを起こしたとしているが、同ソフトウェアを含む端末は全世界で1億5000万台あるとされている。

いっぽう、シカゴやセントルイスでも同様の集団訴訟が、HTC、サムスン、キャリアIQに対して起こされたという。padiContentsによれば、いずれの場合も「連邦盗聴(防止)法」(Federal Wiretap Act)の違反を理由としているという。

米国議員が調査を要請

「カレログ」よりエゲツない? 米国議員、FTCにキャリアIQの調査を要請|個人情報保護 Computerworld

 Carrier IQのソフトウェアがエンドユーザーの居場所やデバイス上で押下したボタン、動作させているアプリケーションといった情報まで収集できることが先週報告され、同社は激しい非難を浴びた。同ソフトウェアが提供するデータは携帯電話事業者のサービス向上を助けるためのものであり、ユーザーの個人情報は取得していないというのがCarrier IQの言い分である。

 マサチューセッツ州の民主党議員エドワード・マーキー(Edward Markey)氏は2日、Carrier IQを調べてほしいとする書簡[PDF]をFTCに送ったという。同氏は声明の中で、「Carrier IQのソフトウェアに関して強い懸念を抱いている。テキスト・メッセージの内容といったユーザーの個人情報を密かに入手しているのではなかろうか」と述べた。

 FTCには人々を「不公正かつ欺瞞的な行為もしくは慣習」から守る責任があり、したがってCarrier IQの挙動を検証しなければならないとマーキー氏は主張した。FTCは同氏の要請にこたえるか否かをまだ明らかにしていない。

日本の通信社の対応は

国内キャリアのCarrier IQ対応状況(12/5 16:10 update) – WirelessWire News

●NTTドコモ ※12/2 17:50 修正
ドコモのスマートフォンには、Carrier IQおよびそれに類する、ユーザーの操作履歴を記録・送信するようなソフトウェアがインストールされているとは認識していない。実際にインストールされて いるかどうかについては端末メーカーも含め確認中なので、しばらく時間をいただきたい。

●ソフトバンクモバイル ※12/2 18:00 追記
現在、自社提供端末について、状況を確認中。

●KDDI ※12/5 16:10追記
auスマートフォンにCarrier IQがインストールされていることは認識していない。ただし、実際にインストールされているかどうかは引き続きメーカーに確認中。なお、そのようなソフト 経由で収集されたユーザーの操作履歴等をKDDIのサービスなどに流用しているという事実はない。

日本のユーザーからのCarrier iqチェックツールによるインストール報告。

自分のandroid端末にCarrier IQが入ってるか確かめる方法 (をいしんじゃーなる)

■Carrier IQ 陰性

  • DELL DELL Streak 001DL (Voodoo Carrier IQ detectorでのチェック)
  • Motorola Photon ISW11M
  • NEC MEDIAS N-04C
  • Pantech SIRIUSα IS06
  • Samsung GALAXY Tab SC-01C、GALAXY SII SC-02C
  • Sony Ericsson Xperia SO-01B、Xperia arc SO-01C、Xperia acro IS11S
  • Sharp IS05、IS06
  • HTC EMOBILE Aria S31HT
  • 富士通東芝 REGZA T-01C

■Carrier IQ陽性

  • Apple iPhone
  • HTC EVO WiMAX ISW11HT

iphoneはios4はアウト、ios5より追加された診断機能をオフにすればいいが、5にアップデートできない機種は対策はできない。

Android端末で見つかったCarrier IQソフト、「iPhone」にもか–ユーザー情報を送信 – CNET Japan:

通信事業者や携帯電話メーカー向けに追跡ツールを提供するCarrier IQは、「Android」搭載端末をモニタリングしているとして最近非難を浴びている企業だ。今回、同社のソフトウェアが「iPhone」にもインストールされていることがわかった。

 著名なiPhoneハッカーである「Chpwn」氏は、米国時間11月30日付けのブログ投稿で、Carrier IQのソフトウェアが「iOS 3」以降のすべてのバージョンの「iOS」上で稼働していると述べた。Chpwn氏は、Carrier IQにつながるものがないかとiPhoneのOSを詳しく調べたところ、OSの「/usr/bin/」ディレクトリの奥深くに同社のソフトウェアが組み込まれていることを発見した。

iPhoneにも追跡ソフトCarrier IQが対策方法は をいしんじゃーなる

広告