理研、細胞のがん化防ぐ仕組み解明-DNAの切断制御場所特定

DNAのデバッグが出来る時代に突入してきました、癌細胞を薬で光らせたり癌の完全攻略の日も近いかと期待しています、日本のテクノロジーバンザイ。

引用元: 理研、細胞のがん化防ぐ仕組み解明-DNAの切断制御場所特定:日刊工業新聞.

理化学研究所は熱に強い細菌を使い、遺伝情報であるDNAの損傷を修復し、細胞のがん化を防ぐ仕組みの一端を解明した。

生体内では DNAを複製する際にエラーが起き、DNAが損傷することがある。このDNA修復機構に関わる酵素MutLの構造を解析し、同機構の働きに重要なMutL 内の領域を発見した。DNAの修復がうまくいかず、がんの発症を誘発するリンチ症候群の予防法や治療法の開発が期待できる。

 MutLはDNAの中で誤った配列を持つ領域だけを切る役割を担っている。今回MutLの構造の中で、DNAの切断機能を制御する場所を特定できた。この場所に遺伝子の変異が起きると、生体内の修復機構が働かなくなり、リンチ症候群の原因になることがわかった。

広告