東国原英夫、名誉毀損、500万円

元宮崎県知事の東国原英夫氏が名誉毀損で損害賠償

東国原氏に賠償命令=軍団元メンバーの名誉毀損―東京地裁

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120112-00000148-jij-soci

東国原英夫前宮崎県知事(54)の著書やホームページで名誉を傷つけられたとして、ビートたけしさん率いる「たけし軍団」の元メンバーで「北海ジャンジャ ン」の芸名で活動していた男性が、前知事と発行元の出版社社長を相手に500万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決で、東京地裁(尾島明裁判長)は12 日、名誉毀損(きそん)の成立を認め、計50万円の支払いを命じた。販売差し止めと謝罪広告については退けた。

前知事は2007年出版の著書「どん底」(新装版)や自身のホームページで、男性が後輩芸人に暴行したほか、たけしさんの衣装を無断で売却したり、事務所の財産を使い込んだりした疑いがあるなどと記載した。尾島裁判長は記載内容の一部について、真実とは認められず、真実と信じたことにも理由はないとした。

賠償金が高額なので北海ジャンジャン氏は詐欺で訴えられた

北海ジャンジャンって知らないのでちょっと調べると、水道橋博士の日記に関連情報があり、年齢から逆算すると15年前の事件のようです、時代背景で弟子や後輩は殴って言うこと聞かすってのもあるんですが、訴訟起こされるぐらいなのでその範疇をオーバーした体罰だったんでしょうね、当時の芸能界はカメラが回ってないとドヤクザって事です。

http://www.asakusakid.com/diary/9911-ge.html

東さんが書類送検に。 何度でも書く。この事件3年も前の話である。タレントのそのまんま東(42)が一昨年、たけし軍団の元メンバー、北海ジャンジャン(31)に暴行を加えたとして、暴行容疑で書類送検された。これを受けて所属事務所の「オフィス北野」では、処分が決定するまで、そのまんま東の芸能活動を自粛することを決定した。

その一方で、被害者側が「けがの程度を明かにしないまま、一方的に高額の示談金を要求してきた」などとして、北海ジャンジャンを詐欺未遂容疑で刑事訴。逆襲にでた。

オフィス北野は「向こうが提示した示談金は常識的な判断を超えた金額」として、再三にわたり傷害程度を確認してきたが、北海ジャンジャン側はそれを明らかにせず「払うかさもなくば刑事告訴をする」と主張したという。

暴行振るった上詐欺で逆告訴、更に5年前の出版図書の内容が事実無根の名誉毀損ってどんだけ悪質かと。

宮崎の知事でイメージ回復して今では国政にでようかと聖者ヅラしていて記憶が薄れていたけど、東国原氏はフライデー事件、少女回春、若手芸人暴行とまあ経歴が汚すぎるので政治家としては応援する気にならないです、あと関西のワイドショーのコメンテーターもやめて欲しいですね。

東国原英夫氏のブログに判決内容がアップされました。

http://ameblo.jp/higashi-blog/entry-11134624109.html

 (原告) 大嶌雅貴(北海ジャンジャン)

 (被告) 東国原英夫

 (被告) 音羽出版・肥留間正明

――原告の請求――

 (1)被告らは,何人に対しても,新装版「どん底」と題する書籍(株式会社音羽出版

  (以下「音羽出版」という。)発行。以下「本件書籍」という。)を販売,無償譲渡,展示その他の方法により閲覧に供してはならない。

 (2)被告らは,この判決確定の日から30日以内に発行される「週刊現代」誌(株式会社講談社発行),朝日新聞全国版及び宮崎日々新聞に,別紙1の謝罪広告を別紙2の条件で1回掲載せよ。

  ※注=別紙1・2は裁判所提示資料を参照されたい。

 (3)被告らは,原告に対し,連帯して500万円及びこれに対する平成22年6月17日から支払済みまで年5分の割合による金員を支払え。

 (4)訴訟費用は被告らの負担とする。

 (5)仮執行宣言

  ――主文(判決)――

 1 被告らは,原告に対し,連帯して,30万円及びこれに対する平成22年6月17日から支払済みまで年5分の割合による金員を支払え。

 2 被告東国原英夫は,原告に対し,20万円及びこれに対する平成22年6月17日から支払い済みまで年5分の割合による金員を支払え。

 3 原告のその余の請求を棄却する。

 4 原告に生じた訴訟費用はこれを50分し,その45を原告の,その3を被告らの,その余を被告東国原英夫の負担とし,被告東国原英夫に生じた訴訟費用はこれを10分し,その9を原告の,その余を被告東国原英夫の負担とし,被告肥留間正明に生じた訴訟費用はこれを50分し,その47を原告の,その余を被告肥留間正明の負担とする。

 5 この判決は,第1項及び第2項に限り,仮に執行することができる。

こりゃあまだ揉めるな。