windows8は起動がめっさ速い!

Windows 8 Developer Preview をVirtualBoxで動かした動画をアップしました。
仮想PCという状態なのに起動がごま塩オヤジこと永島勝司がお前はピューマか!と言ったとか言わないとか

64ビットでも良かったけど、2.8GBと容量が少ない32bit版を使用

仮想PCの環境はcore-i5 2.3ghzでcpuは2スレッドにして、メモリは1GB、sataのHDDを20GB割り当てました、ネットワークの割り当てが上手く行かずオフライン状態で使用しています。

インストール直後の容量は6.5GB程度でしたが、最小構成に近い形で配布されているので製品版でどこまで太るかは不明です。

初起動時に6秒でログイン後20秒ほどかかりましたが、二回目からは最適化されてご覧の通りちんたらパスワード打ち込んだ瞬間に立ち上がっています。

メトロの見た目と操作が賛否分かれていますが、筆者的に有り、パクったのかは定かじゃありませんがubuntuのunityに似ているのは一つの流行なのかもしれません。

メトロUIの評価は現時点で好みの分かれるところですが、デスクトップ表示すればwindows7とあまり変化は感じませんし、高速で動くのは魅力的で触ってみると非常に心地よく、windows7から乗り換えるメリットは十分にあるように感じました。

デベロッパープレビューのダウンロードは下記リンクより。

http://msdn.microsoft.com/en-us/windows/apps/br229516