野田首相、暴力団密接交際者から資金提供受けていた。

野田首相が暴力団交際者から資金提供を受けていたと各紙報じています。対暴力団法が改正されて暴力団は自分名義で自動車が買えないので、こういうケースの事件は新たな社会現象で今後出てくると思います、ヤミ金で兼ね借りてオレオレ詐欺の飛ばしの携帯や詐欺用の銀行口座など借金のカタにいやいや作ってしまった人や、暴力団の営業するホアダルトサイトへのスパムも貼られた管理人が警察に通報すれば即、逮捕、銀行口座凍結の可能性があるので、結構怖い法律です。

逮捕された林容疑者の葬儀会社はチンケな規模かと思ったら、ホームページを見るとかなりの規模でかなり手広く事業展開をしハート観光という観光会社を運営していたり、政治家に資金提供しても不思議じゃ無い、葬儀が決まってる人は複雑な心境だと思います。

セレモのホームページ http://www.ceremo.com/

以下関連記事リンクです。

MSN産経 野田首相側、111万円受領 暴力団に便宜疑いの社長側献金

 野田佳彦首相の資金管理団体「未来クラブ」などが平成17~22年、暴力団関係者とみられる男に便宜を図ったとして、千葉県警に逮捕された葬儀会 社社長と同社から、計111万円の献金を受領していたことが25日、分かった。県警は、同社から暴力団に資金が流れていた疑いもあるとみて捜査しており、 首相の道義的責任が問われそうだ。

 県警の調べによると林容疑者は20年11月、暴力団関係者とみられる不動産ブローカーの男(43)=同容疑で逮捕=が使用することを知りながら、使用者を自らと偽って関東運輸局千葉運輸支局に乗用車の移転登録をした疑いが持たれている。

 政治資金収支報告書によると、野田首相の資金管理団体「未来クラブ」は20年、林容疑者から1万円の個人献金を受領。首相が代表の政党支部「民主党千葉県第4区総支部」は17~22年に、セレモから計110万円の企業献金を受けた。

 同社のホームページや法人登記によると、同社は昭和43年に設立し、林容疑者は平成20年から同社社長。千葉県内を中心に葬儀場などを広く展開している。

毎日新聞 政治資金:野田氏側へ献金111万円…逮捕の社長と会社

 暴力団と親しい不動産ブローカーが使用する中古車の名義を自分名義で登録したとして千葉県警に逮捕された冠婚葬祭会社「セレモ」社長、林勇樹容疑者(46)と同社が、野田佳彦首相が代表を務める政党支部や政治団体に対し05年以降、計111万円を献金していたことが分かった。

時事ドットコム 首相側に逮捕社長から献金=暴力団関係者と交際、便宜-葬儀会社、計140万円

  暴力団関係者とみられる男に便宜を図り千葉県警に逮捕された会社社長から、野田佳彦首相の資金管理団体が2008年に献金を受けていたことが25日、分かった。

県警は、社長の会社から暴力団に金が流れていた疑いもあるとみて捜査している。野田首相側は02年以降、同社や社長の父親の同社会長からも計143万円を受領していた。