創価学会、池田大作名誉会長、脱原発を提言

創価学会の池田会長が脱原発を提言したと記事になっています。

大阪市は大阪維新と二番目に議席が多い公明党が協力を表明しています、両党脱原発で方針が一致すると、原発推進の多い自民党との関係が精算されるかも知れませんね、民主党に乗りませんでしたが、公明党は勝ち馬に乗って強い発言権を得るのが基本スタンスなので、公明党が鞍を変えると、政界のパワーバランスが一気に変わる可能性があります。

調査が終わったのが最近でたまたまかも知れませんが、池田氏がなぜ今のタイミングで脱原発と言ったのかちょっと気になる部分です。

池田氏の発言がどの程度公明党に影響を与えるのかも注目したい点です。

読売新聞 池田名誉会長、脱原発依存提言へ…公明に影響も

創価学会の池田大作名誉会長は26日、東京電力福島第一原子力発電所事故を踏まえ、「原子力発電に依存しないエネルギー政策への転換を早急に検討していくべき」だとした「平和提言」を発表する。

創価学会を支持団体とする公明党のエネルギー政策論議にも影響を与えそうだ

時事通信 原発依存から脱却を=池田名誉会長が提言-創価学会

創価学会の池田大作名誉会長は25日、東京電力福島第1原発事故を踏まえ、原発依存からの脱却を呼び掛ける内容の提言を取りまとめた。26日に正式発表する。
提言では、
(1)東日本大震災で示された絆や助け合いの気風を社会全体で高める
(2)災害避難民の救援活動を国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の正 式任務に盛り込む
(3)2015年までに核兵器の禁止と廃絶に向けた基本条約に調印、または最終草案を発表する-としている。