中田カウス、たけしが語った暴力団との交際否定

中田カウスにまつわる黒い噂は昔から絶えなくて、安岡力也がヤクザ自慢していたらカウスに締められて土下座したとか、吉本興業を実効支配していて誰もカウスに逆らえないとか、怪文章や襲撃自作自演して前田五郎を追い出したとも言われていますし、島田紳助の暴力団交際を警察にリークしたのもカウス説があり、最近和解したので紳助の復帰をバックアップしているとか。

このオッサンの風体と任侠道がどうしても結びつかないのでなんでヤクザと仲がいいかは謎ですが、カウス・ボタンの漫才は一級品で面白いことは確かです。

芸能とヤクザの歴史を考えると同業者なので簡単に関係は切れないです。

この記事見るとカウスの方が悪人に見えますが、たけしのように前科は無いと思います。

中田カウス たけしが語った暴力団交際の証言に「事実関係が違う」 週刊朝日

『週刊文春』(2011年9月29日号)に掲載された「ビートたけし『暴力団との交際』すべて語った」と題する記事である。内容は、紳助問題以降、暴力団 との親密交際が囁かれたビートたけしが、自身に降りかかった疑惑を払拭するために、取材に対して”すべてを語った”というもの。この中でたけしは、自身が五代目山口組の組長と親睦を深め、高級時計をもらったという疑惑について、こう打ち消している。

「とんでもねえ話だよ。時計なんてもらってないよ。確かに五代目とは会ったことがあるけど、その話に尾ひれがついたんだな。ちょっと名前は言えないけどさ、ある芸人が嘘をついて、ほとんど無理矢理会わされたんだよ」

これに対し、カウスは「たけしさんが言っていることは、ぜんぜん事実と違います。どうしてこんなふうになるんでしょうか」と話し、「文春の記事にあるよう に、大阪・北新地でたけしさんと一緒のときに五代目と会ったことは事実です。その日、たけしさんと夕食を食べていて、次の店に行ったときに偶然会ったんで す。そもそも五代目がどこにいるかという情報を、一芸人が知れるわけがないじゃないですか。山口組も、そんなに甘い情報管理をしていないでしょう」と笑 う。

さらに、記事が出た翌日に交わした、たけしとの電話でのやりとりについても明かした。

「文春の記事が出た翌日、たけしさんに電話すると『あんちゃん、あんなこと言ってねえからね。文春にハメられたんだよ。オイラ、あんなこと一回も言ってな いし、あんちゃんの名前出してないからね』と言っていた。違うんですよ。名前は出してくれてええんです。僕の名前を出して、なおかつ本当のことを話してく れればよかったんですよ」

カウスとたけしは15年来の付き合いで、たけしはカウスを「あんちゃん」と呼ぶほどの仲。しかしこの騒動で、ふたりは今までどおりの関係とはいかなくなるのかもしれない。