Firefox Javaプラグインブロックへ

あまり意識していなかったけどwindows版のfirefox11のプラグインを確認すると、昔ならsun-java-jreとかのプラグインだったのがいつのまにか、Npruntime Script PluginやNext Generation Java Plug-in10.3.1 Mozilla browsersになっています。

以前にubuntuで似たような事があって告知情報を知らなくて悩んだ事がありましたが、アップデートによる代替えのプラグインや古いプラグインを有効にさせる手段が準備されているので混乱は少なそうです。

 

以下 Mozilla Japanのブログを転載。

Mac 版 Firefox でも Java プラグインのブロックが完了しました | Mozilla Japan ブログ

Mozilla では Java プラグインの脆弱なバージョンを排除する 取り組みを続けてきましたが、このたび Mac OS X でもすべてのバージョンでブロックが完了したことをお知らせします。Mac OS X の旧バージョンでは、いずれにしても Java の更新が提供されないため、既にブロックを行っています。最近のバージョン向けのブロックは、アドオンマネージャに問題があったため見合わせていましたが、このバグは Firefox 12 で修正されました。

Mac OS X 10.6 以上をお使いの方には既に Firefox 12 への更新を促す通知が届いているはずです。Java のブロックを回避するには OS のソフトウェア・アップデートを実行してください。何らかの理由で古いバージョンのプラグインを使い続けなければならない場合は、Firefox のアドオンマネージャで再度有効化できます。

[これは米国 Mozilla のブログ記事 Java block now complete for Mac OS X の抄訳です]

引用元: Mac 版 Firefox でも Java プラグインのブロックが完了しました | Mozilla Japan ブログ.