尖閣は「棚上げ」から「共同開発」 領土という戦争の痕跡を超える発想を?という売国記事

久しぶりに政治ネタ、ダイアモンドオンライン見たら酷い売国内容でびっくりした。

山田厚史 の経歴が[ジャーナリスト 元朝日新聞編集委員]って妄想電波記事で日本の外交を不利にする反日組織の一員ですね、こんな記事書いて原稿料貰ってるから採用する編集もアレって事で。

次は日本がカードを切る番だ。紛争の引き金を引いたのは「尖閣の国有化」だから。石原都知事による買収という危うい事態を避ける配慮があったにせよ、「領土問題は棚上げ」という封印を解いたのは日本である。仕掛けた側に納め方を、まず考える責任がある。

引用元: 尖閣は「棚上げ」から「共同開発」 領土という戦争の痕跡を超える発想を?|山田厚史の「世界かわら版」|ダイヤモンド・オンライン

ぐだぐだと5ページもあるので読むのが辛かった。

仮に多少理不尽な事があって日本が悪いとしても、それが日本の利益であれば正義と思って国民は全面支援すればいい、情に脆い日本人の国民性(セキュリティホール)を欺こうと被害者面するのが中国と韓国のやり方なのはわかってるはずだ。

日本維新の橋下も竹島は共同とか変な事言ってるが「庇を貸して母屋を取られる」って諺を知らないのだろうか。

国民が保守的な考えになるとすぐに戦争を持ち出すが根本的に違うので惑わされないようにしたいものです。

広告