LinuxでFlash Pluginが暴走したので困った、アドビのサポートが終わり打つ手がほとんど無かった。

とあるFLASHゲームで遊んでいてクライマックスが近づきエフェクト演出のシーンでプラグインが暴走瞬時に3GB以上のメモリを喰らい尽くしSWAPまで食い尽くす勢いでPCがフリーズした。

ゲーム実行中の通常の状態

問題の箇所を実行中の状態、スクショ取れるギリギリのタイミングでこのあと放おっておくと20秒以内にメモリが100%オーバーでフリーズする。

通常時18MiBから一気にギガオーバーにplugin-containerが悪魔に豹変する。

Plugin-containerを独立させたFirefoxでは暴走は良くあることなので今度はOperaで実行同じ箇所でまたも暴走し参った、今度はChromeで試すと何事も無かったように涼しい顔で実行された、最新版のプラグイン当ててやればいいと軽く考えていたが検索したら意外な結末に。

LinuxはFLASHのサポート打ち切り

プラグインの新しいの探しにアドビに行くとこんなん出ました〜!!

http://www.adobe.com/software/flash/about/

LinuxのモジラのFlash Playerはね11.2でオシマイ、つまりサヨナラ、グッバイマイラブ、あーでもセキュリティの穴があったら対応すっから心配スルナ、ワカッタラ、デテケ!という連れない態度。

同じLinuxでもChromeさんは別格ッス最新版準備してお待ち申してますって待遇でLinuxのFirefox使いは涙目になるしか無かった、いや名前の出ているだけFirefoxはイイ、Operaなんか完全に空気でもう涙すら出ない。

Operaのプラグインはどうなってるの?

Operaの設定エディタを起動、起動方法は「opera:config」サーチバーにFlashって入れるとplugin pathヒット

プラグインパスの中身がこちら(改行していますが1行でコロンで繋がっています)

/usr/lib/opera/plugins
:/usr/lib/mozilla/plugins
:/usr/lib/xulrunner-addons/plugins
:/usr/lib/flashplugin-installer

管理の手間を減らすためシステムやFirefoxとプラグイン共有をしている訳です、巻き込まれてOperaアウーツ!アゥアゥッ!!

結論

最新のFLASHコンテンツ楽しみたかったらChromeを使うべし。

この件の情報を集めて見ると、かなり前から周知の事で打ち切りの情報があちこちに書かれています。

スラッシュドット Adobe、Linux版Flash Playerの開発打ち切りへ 2012年02月25日 14時23分

engadget アドビが Flash のロードマップを公開、Linux 版は Chrome 専用に

という事でこの記事自体が情弱乙的な書き込みなんですがトラブらん限りプラグインがどーのとかイチイチ知らんし見てても覚えてへんがな。と醜い本音で締めくくりたいと思います。