韓国製ラーメンから微量の発がん性物質

「辛ラーメン」で知られる韓国の大手食品メーカー「農心」の「辛」とは別の麺製品6種類のスープから発がん性物質ベンゾビレンが検出され、日本の韓国食材スーパーも商品を撤去する騒ぎになっている。

ベンゾビレン検出は、韓国のテレビ局「MBC」が2012年10月23日に報じ、韓国メディアを挙げて大騒ぎになった。

「ノグリラーメン」2種類が日本でも販売

それによると、韓国の食品医薬品安全庁が6月、流通している麺製品を調べたところ、6種の「農心」のラーメン、うどんのスープから1キログラム当たり2~4.7マイクログラムのベンゾビレンが検出された。そして、ここから、10マイクログラムの基準値を超えたカツオブシをスープの原料に使っていたことが分かった。しかし、安全庁も農心も回収措置を取らず、その後の野党議員の調べで発覚したらしい。

引用元: 韓国製ラーメンから微量の発がん性物質 日本のスーパーも一部で撤去の動き (1/2) : J-CASTニュース.

前にも辛ラーメン食品回収あったと思って調べてみたらやっぱりあった。

再発防止のできない企業はダメですね問題意識が低いです。

特に韓国の輸入食品は民主党が規制緩和してから事故の報告が増えていますので注意しましょう、このサイトのスローガンの「できるだけメイドインジャパン」は食の安全も含めてと行きたいところですが、日本も産地偽装や管理が悪い食品事故多いので下手なもの売る業者には情報共有して二度と買わない厳しい態度でビッシビッシいくからな!by星野魔界倶楽部総裁

Wikipedia 辛ラーメン

ゴキブリ混入

  • 2008年6月20日、朝鮮日報は、辛ラーメンにゴキブリが混入していたと報道した。

発がん性

  • 2011年6月12日、香港ケーブルテレビは、中国産の辛ラーメンから発ガン性の高い可塑剤が検出されたと報道したが、後に中国政府が検査を行った結果問題の物質は検出されず誤報だと判明した。
  • 2012年10月、複数の韓国メディアは、農心が販売するラーメンやうどんなどから発ガン性物質のベンゾピレンが検出されたと報じた。