SwapperでXperia Arcのメモリ不足に耐えるの巻

普段あんまり使わない端末なんだけど何回か文鎮にしているで妙に愛着が湧いているXperia Arcを久しぶりにいじってみました。

2012年現在ではしょぼいスペックの端末で、特にメモリーが400メガ弱しか無いのでシステムにICS入れるとメモリ不足でバックグラウンドで動いているユーザーアプリを遠慮無く落として困る、なんとかせねば。

そうだSWAP使おう

うちの端末の現状はGoogleMAPぐりぐりすると050plusが落ちて使い物にならないので、SWAPを使うことにした、何でSWAPかというとセブンセンシズに目覚め急に思い浮かんだ特に意味は無い。

SWAPの仕組みはIT用語辞書見てください。http://e-words.jp/w/E382B9E383AFE38383E38397.html

ちゅうことでSWAPアプリをGooglePlayで検索して最初に出てきたSwapper  for Root試すことにしました、定番アプリぽく検索したら色々なブログでレビューがありました。

評判もいいしアークちゃんに対応していますって出てるのであんまり深く考えずに入れてみた。

Swapper for Root -GooglePlay

←GooglePlayはカスタマイズで端末の愛称が入れられます。(飴ちゃん的な何でもちゃん付ける関西乗りでアークちゃんと命名)

アプリのインストール前に本能でSDカードのパーティション分割してLinuxでSWAP領域作ってみたんですが不要でした。

小さいアプリなのでインストールはすぐ終わるので早速起動設定も簡単で画像左のSWAPファイルサイズに確保したいサイズ設定※(初期値200MB)なんも考えず、最近のスマホのRAMが1GBぐらいなので近いとこに合わせ512MB入れたけど640MBでも良かったかな?と適当に入れてSAVEボタン押してSuperUSERの認証すれば終わり。

一応SWAP用のパーティション選べるみたいだけど画面右のように1つのパーテーションしか認識しなかった、あまり重要な事じゃないのでスルー。

結果

GoogleMap起動させてグリグリ動かして1分以内に落ちていた050plusが落ちなくなったので一応効果あり、致命的なメモリ不足は解消できたようです、タスク見ても一定のメモリの空きを確保して具合がイイ。

これでまたGoogleMapを気兼ねなく使えるしアークちゃんへの愛着がまた深まったんだぜ。

蛇足話

メモリ不足でアプリ落ちる状態ってスーパーハッカーがコンピューター乗っ取るときにブラクラとか何らかの方法でメモリ不足にさせてセキュリティソフトを落として侵入とかに使うぐらいなのでセキュリティ上良くない状態でもあるので、何一つ良いことは無いのです。

広告