【Linux】Debian7.0「Wheezy」リリース、もろもろ

debian7.0リリース ネタ元はUbuntuマガジンのtweet

Debianは使っていないんですがリリースされた内容を見ると適当なリポジトリ使ってアプリインストールしようとすると修復方法がわかりにくいパッケージの依存を自動的に正しく修復されるようになったようです。

岩のように安定しているって書いているところが凄い。

http://www.debian.org/News/2013/20130504

Wheezy は安定版 Debian リリースに対してユーザが持っている大きな期待に必ず応えます。 岩の様に安定し、厳格にテストされています。

以下、OSXやWindowsだけがPCのOSじゃないよってお話。

 

Linux使っている理由メリット

筆者はWindows7の環境もあってキャンペーン中にWindows8にアップグレードだけしておこうかとも考えましたが、Linuxをメインに使っているので8入れてもほとんど使わないと思ったので今回はパスしました。

Windowsを持っていてもLinux使うにはそれなりのメリットがあってザクっとピックアップしてみると以下の通り。

  • 最新のOSが無償で利用できる
  • アプリのアップデート後の再起動が少ない。これ大事
  • ウイルスのリスクが少ないのでアンチウイルスソフトがバックグラウンドでリソースを食わない。
  • GUIに不具合が出て固まってもctrl+alt+BSでXの再起動すれば大体復帰する安定性。

Windowsの商売っけたっぷりで消すのが面倒なゴミの体験版セキュリティソフトやPCメーカー製の謎の写真加工アプリや胡散臭い設定ソフトの類は一切無い、最近はUbuntuが多少商売っけ出してきて批判が出ていますがメーカー製Windowsやドコモのスマホに比べると比較にならない程度で、Linuxはインストールした時点で厳選された質の良いアプリがひと通りインストールされていているのがいいですね。

システムそのままでGnomeやLXDEやxfeやmateやCinnamonといったデスクトップシェル環境を簡単に変更でき詳細に設定できるのもLinuxの魅力じゃないでようか。

Linuxの苦手なこと

Linuxにも苦手な分野がありますがソレ以外なら大概できると考えていいでしょう。

  • Appleのitunesが提供されていないのでipodやiphoneの管理が今はできない(昔は別のアプリでいけた)
  • USBのテレビチューナーやキャプチャーがほとんど未対応。

はじめてのLinuxは仮想環境へインストール

Linuxはとっつきにくい印象がありますが複数PCを準備しなくてもWindows環境でvirtualbox等の仮想環境にLinuxをインストールすれば気軽に試せるのでオススメです、気に入ればメインOSとして使えばいいのですが、WindowsとLinuxのDUALブートしようとするとブートローダーの設定が色々ややこしいので、まずUSBメモリにインストールしてPCとの相性確認した上、シングルブートで新しいHDDにインストールした方が無難です。

Linuxは古いPCの再利用OSではない。

LinuxというとWindowsXPが重たいレベルの廃棄するような低スペックPCの再利用OSというイメージがありますが、今のLinuxの人気のパッケージはそれなりにパワーが必要です。

画像はdebianに3Dデスクトップ環境を入れエフェクトかけまくったもので、Windowsではここまでカスタマイズはできません。

CDやUSBで動く小さいLinuxもある、PCのトラブル時に持っていると安心

低スペックPC用のLinuxもあってCD1枚で起動するKnoppixが老舗的なアレなんですが個人的にはパピーリナックスの方がとっつきやすかった。

パピーはWindows98を思い出させるようなかわいいパッケージでシステムがチワワみたいに小さいそして動作条件が凄いの。今のスマホよりかなりスペックが低い。

動作条件

CPU: Pentium 166MMX, RAM: 128MB, CDROM: 20倍速以上

メモリーは128MBでも動きますが、できれば256MB以上あれば快適に使えます。お使いのパソコンにLinux SwapパーティションがあるとパピーはそのSwapパーティションを利用します。

OSのダウンロード容量がバージョン4.3ならたった112メガなのにワープロ、表計算、ベクター系のドローツールもインストール済という充実ぶり、しっかりコンピュータしているところが凄い。

パピーはUSBメモリやCDからのbootにも対応しているので、WindowsのPCがクラッシュしたときにデータ救済したり、USBメモリに入れて携帯しておけばネットカフェで差し込んで起動すればクラウドぽく自分の環境で作業ができたりと助かります。

puppylinux

パピーリナックス 日本語版 http://openlab.jp/puppylinux/

スペックに応じたパッケージが色々あるのがLinuxのいい所で、今パピーなんて弄ってると逆に新鮮でとてもPC使ってる気分に浸れるから面白い。

 

広告