安藤美姫筆頭に少子化対策ににシングルマザー量産計画

cat-jiji安藤美姫が非公開父親の子供産んで話題になっていますね、安藤がどういう意図で父親を公表しないのかは興味がないのですが本人の意図の有無関係なく、変な人権団体や日本の戸籍を破壊する政治活動の広告塔に利用されていそうで気持ちが悪いって話です。

自分は少子化対策は必要ないと考えていますが、日本政府は年金バランスだけ取り上げ少子化対策が必要としていますね、ふしだらな人間があとさき考えず妊娠するケースが多くほとんど中絶されたり、そういう場合男の方も遊びでセクロスしているので妊娠させた女と結婚する気もなく、結婚したとしても愛情も甲斐性も足りなくて結局離婚するケースが多いと思います、それでも人口として子供は増えるので日本政府としては貴重な存在です。

安藤のような有名人がシングルマザーやってます〜って広告塔になれば、何の実績もない一般人がふしだらな妊娠が正当化され中絶が減って出産率が上がってハッピーハッピー。

シングルが増えればそれによって社会のルールを書き換える必要が出てくるって必然を作る仕込み作業って奴です。

安藤が出産した直後に同じテーマの番組が制作され出産発表後にオンエアーというタイミングの良さ。

安藤の発表はこの番組の番宣に最高のタイミングじゃないか。

ドラマって同情を誘うように演出されているから安藤とオーバーラップして現実と混同しないように。

読売新聞より引用

http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/tv/tnews/20130529-OYT8T01014.htm

満島ひかり、シングルマザー役で主演…日テレの新ドラマ「Woman」

日本テレビは7月から満島ひかり主演でドラマ「Woman」(水曜後10・00)を放送する。民放の連続ドラマ初主演となる満島が、2人の子どもを持つシングルマザー役に挑む。

 全国で120万人を超えるといわれるシングルマザー。平均年収は200万円余りといわれるが、国などからの補助金を除いた実際の収入は170万円程度で、その厳しい経済状況の中、一人で子育てをする精神的負担は計り知れないほど大きい。ドラマは、最愛の夫を不慮の事故で亡くしたシングルマザーが、貧困に苦しみ、時に自暴自棄になりながらも、愛する我が子のために強くたくましく生きていく姿を描く。

 満島は、「『母とは』『誰かのために生きるとは』など、素直に感じたものを、私らしくやっていこうと思います。大変な数か月になりそうです」と決意を新たにしている。

 また、ヒロインの長女役を、NHK大河ドラマ「八重の桜」で幼少期の八重を演じて話題になった8歳の鈴木梨央が演じるほか、田中裕子、小林薫、二階堂ふみ、谷村美月らが共演する。

安藤の事で関連しそうな「選択的夫婦別氏制度(いわゆる選択的夫婦別姓制度)」

シングルマザーと夫婦別姓は直接関連していないんですが、シングルマザーが出産した場合夫婦別姓なのと思わせたら複雑な家庭事情を詮索されにくくなりますね。

社会に出て別姓のほうが便利という主張するプロ市民もいますが、水商売なら源氏名、芸能人でも芸名使ってるから旧姓は仕事用の名前で使ってもいいと思うが、契約の書類とかは信用に関わるので具合が悪い、別姓を強く訴える人間は亭主の戸籍によほど問題があるのか工作員なのか疑わしいですね、そこまでなら結婚するなと思います。

韓国では夫婦別姓なので日本もそれに合わせろという帰化人や部落問題を扱う議員たちが戸籍を廃止したいとかの活動もリンクしてきてややこしいのですが、情が絡んでうっかりのっかると大変です。

ウィキペディア 戸籍法を考える議員連盟

法務省 選択的夫婦別氏制度(いわゆる選択的夫婦別姓制度)についてより引用

http://www.moj.go.jp/MINJI/minji36.html

1.現在の民法のもとでは,結婚に際して,男性又は女性のいずれか一方が,必ず氏を改めなければなりません。そして,現実には,男性の氏を選び,女性が氏を改める例が圧倒的多数です。ところが,女性の社会進出等に伴い,改氏による社会的な不便・不利益を指摘されてきたことなどを背景に,選択的夫婦別氏制度の導入を求める意見があります。

2.選択的夫婦別氏制度とは,夫婦が望む場合には,結婚後も夫婦がそれぞれ結婚前の氏を称することを認める制度です。なお,この制度は,一般に「選択的夫婦別姓制度」と呼ばれることがありますが,民法等の法律では,「姓」や「名字」のことを「氏」と呼んでいることから,法務省では「選択的夫婦別氏制度」と呼んでいます。

3.法務省においては,平成3年から法制審議会民法部会(身分法小委員会)において,婚姻制度等の見直し審議[PDF]を行い,平成8年2月に,法制審議会が「民法の一部を改正する法律案要綱」を答申しました。同要綱においては,「夫婦は,婚姻の際に定めるところに従い,夫若しくは妻の氏を称し,又は各自の婚姻前の氏を称するもの」とする選択的夫婦別氏制度の導入が提言されています。この答申を受け,法務省においては,平成8年及び平成22年にそれぞれ改正法案を準備しましたが,国民各層に様々な意見があること等から,いずれも国会に提出するには至りませんでした(平成22年に準備した改正法案の概要等については,平成22年2月24日開催第16回法務省政策会議配布資料[PDF]をご参照ください。)

4.選択的夫婦別氏制度の導入については,これまでも政府が策定した男女共同参画基本計画に盛り込まれてきましたが,平成22年12月に閣議決定された第3次男女共同参画基本計画(新たなウィンドウが開き,内閣府男女共同参画局のホームページへリンクします。)においても,夫婦や家族の在り方の多様化や女子差別撤廃委員会の最終見解も踏まえ,選択的夫婦別氏制度の導入等の民法改正について,引き続き検討を進めることとされています。

5.平成24年に実施した「家族の法制に関する世論調査」の結果では,選択的夫婦別氏制度を導入してもかまわないと答えた者は全体の35.5%であるのに対し,現行の夫婦同氏制度を改める必要はないと答えた者は全体の36.4%です。
  また,世代別では,若い世代の方が選択的夫婦別氏制度を導入してもかまわないと答えた割合が多く,例えば,20代では,選択的夫婦別氏制度を導入してもかまわないと答えた者の割合は47.1%であるのに対し,現行の夫婦同氏制度を改める必要はないと答えた者の割合は21.9%であり,60代では,選択的夫婦別氏制度を導入してもかまわないと答えた者の割合は33.9%であるのに対し,現行の夫婦同氏制度を改める必要はないと答えた者の割合は43.2%です。

6.法務省としては,選択的夫婦別氏制度の導入は,婚姻制度や家族の在り方と関係する重要な問題ですので,国民の理解のもとに進められるべきものと考えています。

広告