PCでbluetoothキーボードは使い物にならないトラップ

cat-zakki最近ノートPCのキーボードの調子が悪くlinuxで使ってる途中にキーボードが操作不能になったりマウスが勝手に暴走したりクリックできなくなる事が多くて、電源入れなおすまでキーボードが回復しない症状に悩んでいた、調べるとlinuxのカーネルのバグ説もあるんだけど以前よりタッチパッドも壊れていてハードが悪い疑いもあった、ノートPCのメーカー修理は高くつくのでやらない方向で取り敢えず外付けのキーボードを買って様子を見ることにした。

BSKBB06ゲットした。

手頃なキーボード無いかと店を物色したら、バッファローのBSKBB06が目に入った電池交換なしで「約7カ月」使える!!電池寿命が約2倍に伸びた【節電モデル】のBluetooth®3.0コンパクトキーボードって謳い文句でキーボードの打鍵のタッチもすごくいいし小さいし軽くて良い、ちょっと不安が頭をよぎったけど2000円程度なので買って帰った。

http://buffalo.jp/products/catalog/supply/input/keyboard/bluetooth/bskbb06/

bskbb06wh-main

クセのある製品なので購入時に注意

うちのマシンはbt3.0対応なので、帰ってlinuxmintのOSでペアリングをやってみたがキーボードの発行するペアリングの8桁の数字を入れてエンターするとペアリングに失敗、数字を入れずにPC側で接続させると動いた。

あと他のOSで試したら、win7は数字入れてOK、androidも数字入れてOK、IOSはペアリングの数字入力が求められずそのまま繋がり、linux側のbluetoothの相性が悪いようだ。

bluetoothで一番困るのはOSが起動するまで使えない事

購入前に不安だったのはこの部分でOSが立ち上がるまでキーボードの入力を受け付けないのでbiosの操作が不能だったりOS起動時のパスワードも入力できないのでPCで全く役に立たない、一部の製品はOSが立ち上がるまでbluetoothを一時的にUSB扱いにしてbiosが操作できるものもあるらしいが、バッファローのこの製品にそんな気の利いた機能はない。

返品した

全然使い物にならないので購入店に戻り返品した、ちょっとゴネるかなと思ったが買った直後なので素直に返品ができた今度は素直にUSBのキーボードを購入。

安くて評価のいいLogicool k270にした。

この製品の特徴はunifying対応製品ならレシーバー1つで最大6台まで繋げられるのでUSBのポートが節約できる点だ。

http://www.logicool.co.jp/ja-jp/product/wireless-keyboard-k270

wireless-keyboard-k270-glamour-images-lc

そしてマウスも併せて購入することにした選んだのがlogicoolのm235。

http://www.logicool.co.jp/ja-jp/product/wireless-mouse-m235r?crid=7

しかしここにも罠がuniflying対応じゃないのが混じっている。

最初に手に取ったm235のレシーバーをよく見るとunifyingのマークが入っていないので、別の製品にしようと戻しに行くと、俺の取った一個下のm235にはunfyingのマークが入っている、同じ品名のマウスでも型番が2通りあって対応と非対応が別れるようだ、危なくババ掴まされるとこだった、PCパーツはこれがあるので油断できない。

unifingでレシーバーをまとめるにはアプリのインストールが必要です。

帰ってキーボードとマウスの電池の絶縁紙ひきぬいてスイッチいれてキーボードに付いていたUSBのレシーバーを挿してPCのパワーオンすると最初からbios操作ができて安心する、linuxが立ち上がるがマウスが動かないのでマウスのレシーバーを挿したら動いたので、レシーバー統一はlinuxじゃ無理かと諦めそうになったが、ぐぐるとwindowsでレシーバーの統一作業すればlinuxでも動作できると書いてあったので試してみた。

http://www.logicool.co.jp/ja-jp/promotions/6072

手順は個レシーバー挿した状態でOSに対応したunifylingソフトをダウンロードインストールし起動。

アプリの指示に従いレシーバーを一つ外すと、対応デバイスがこの場合「m235が見つかりました」と出る。

マウスを裏返してマウスのスイッチをオフにしてからオンにすれば作業完了、数十秒で終わる。

PC再起動してlinux立ち上げたらレシーバー1つでキーボードもマウスも動いていて喜ぶ。

使用した感想

まずレシーバーが小さいので邪魔にならなくてとてもいい。

k270

キーボードの打ちごこちが柔らかくてチープだけど値段が安いのでこんなものだろう、ボディの剛性は安い奴の割にしっかりしている、キーボードの感度も悪くないので使ってるうちに慣れれば気にならない、アマゾンなんかの評価が高いのも頷ける。

m235

このマウスは1日しか使っていないが非常に気に入ってる、裏返しても光学マウス特有の赤くチカチカ光らないので電池が切れてると思ったが、肉眼で見えない光使ってるタイプのマウスで夜中に怪しく光ることも無く快適。

レビューでマウスが小さすぎるって意見もあるが、自分の場合は寿司を握るような手つきでマウスに手を添えて動かすタイプなので小ささは気にならなく逆に絶妙なサイズだ、マウスの感度も良くてレーザーマウスじゃないらしいが、MSの光学マウスで反応が悪かった大理石の上でもちゃんとカーソルが反応しているしMSのマウスで微妙だった3mぐらい離れてもレスポンスよく反応している。

ホイールの回転もスムーズでゴリゴリ言わないタイプで指が滑ることもない。

安い上に品質が高くて余分な機能もないのでいい買い物ができたと満足している。