iOS7になって写真のUSB接続が面倒になったのでskydrive使ってる。

cat-itAppleがLinux向けにiTunesやiCloudのソフトを提供していないのでAppleデバイスを使う際に色々不都合があります。

不都合と言っても音楽の同期なんて滅多にしないのでその時だけwindows立ちあげて作業すればいいんですが写真となると話は別でiOS7になってからlinuxのPCを信頼してくれないのでUSB経由で写真の転送ができなくなりましたのでネット経由でしか写真を受ける事ができなくなり非常に不便です。

ネット経由でもlinuxの場合iCloudのフォトストリームも使えないので別のサービスを使う必要があります、フォトストリームの代替えで便利で有名なのはdropboxなんですが自動で写真の同期にしておくと撮った写真が失敗だろうが何だろうが勝手にアップされてしまう上800万画素で1枚1MB〜2MBとサイズも大きいので、dropboxの無料での初期値の2GBはすぐに足りなくなる可能性があります。

dropboxより大きくて写真の共有が簡単なクラウドサービスが無いかな〜?って考えたらhotmailの頃から10年以上お世話になってるMSN(現在のoutlookメール)のskydriveがありますがな!

sd-02

dropboxみたいに自動アップロードに対応していませんが初期の容量でも7GBあってdropboxより大きい上に筆者の場合は昔から使ってるので25GBの容量があり、別アカ合わせると50GBになる、もしも足りなくなったらアカウント増やせばいいしアカウントに細かい個人情報入れなくていいのもいいところですな。

競合するクラウドサービスとskydriveの比較がMSのサイトに出ていて自信の程が伺えます。

http://windows.microsoft.com/ja-jp/skydrive/compare

iPhoneからブログ用写真をPCに転送する流れ。

準備

マイクロソフトのアカウント入手済みが前提です。

iPhoneにSkydriveのアプリをインストール

https://itunes.apple.com/jp/app/skydrive/id477537958

写真をブログ用に小さくするため&容量節約にリサイズツールを使います

ImageResize  (無料)簡単です

https://itunes.apple.com/jp/app/imageresize/id596254725

準備終了

1・写真を撮影後、標準ツールでクロップ等の編集

2・imageResize使って任意のサイズに画像縮小→PCを使わない場合はこのままtwitter等に投稿

2013-11-16T03-48-03_0

こんな感じで実用的なサイズが6つ準備されていてリサイズ後のサイズも確認できて使い勝手が良いです。

 

3・iphone skydriveで写真を共有

2013-11-16T03-48-03_1

4・PCでskydriveにアクセスし欲しい画像をダウンロード

skyd-01

これ以外にファイル名表示して一括でダウンロードも可能です。

5・ブログ等にうp

文章で書くと面倒そうですが、実際やってみるとそれ程の手間でもありませんがAndroidの場合はICSカメラってアプリを使うと設定で0.9、1.3メガピクセル等の小さい写真が撮れるのでiOSよりも写真の管理は楽ですね、Apple的に写真は綺麗に撮れれば後は編集でどうにでもなるって考えだと思いますが、小さい写真も撮れるようにして欲しいですね。