アントニオ猪木は死神酋長!!北朝鮮、張成沢処刑

cat-jiji北朝鮮のナンバー2の張成沢(チャン・ソンテク)が失脚からわずか4日で処刑されました、罪状は売国及び国家転覆だそうです、北朝鮮の領土を50年の期間限定で売ろうとしたとがキム総書記の逆鱗にふれたとか、北朝鮮なら大阪の鉄道外資に売ろうとしている大阪維新なんてまあ全員打首獄門です。

テレビのニュースでさまざまな憶測が語られていて、張の浮気に嫁が(キム総書記の叔母)が切れたとか、張のチョンボで北朝鮮に深刻的なダメージを与えたとか、まあ事実がよくわかりません。

張成沢が日本維新の会のアントニオ猪木議員の北朝鮮パイプ役なのはわりと有名な話で、力道山の娘婿が張成沢のグループであるとデイリーNKに書いてます、張の側近も死刑されたと報道がありましたが力道山の娘婿が含まれているかもしれません。

デイリーNK ”力道山ファミリー,張成沢復権後出世街道まっしぐら”毎日新聞 “張成沢失脚後に公職を剥奪…最近権力の核心に進出”2009-11-21 14:26

http://japan.dailynk.com/japanese/read.php?cataId=nk00100&num=7453

猪木がペナルティまで受けて強引に訪朝したのは何だったのか?

猪木が手続きを怠って訪朝して問題になったのは記憶に新しいところで、訪朝前に猪木が行く事で拉致被害者の開放に期待を持たせましたが、張の処刑で拉致問題に悪影響がでなければいいと願います。

東京スポーツ 猪木議員“日朝関係改善のカギは力道山”2013年09月27日 11時00分

http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/187605/

 7月に金永南氏、金正恩第1書記の叔父で側近とされる張成沢国防委員会副委員長(67)と面会。日朝関係の改善策をこう打ち明けた。

「北朝鮮とは拉致というガチガチの問題だけじゃない。視点を変えて話し合いをしていく発想や知恵を出していくべきです。日本は北朝鮮と戦争ができるわけじゃない。ならば安倍首相と金第1書記がトップ会談を行うにはどうすればいいか。私は(北朝鮮と)話し合いができる人物を知っている。北朝鮮は(日本政府と)話し合いの用意はある。そうすれば道が開けるでしょう」

 猪木氏は1995年に平壌の綾羅島メーデー・スタジアムで行った興行で米国のプロレスラー“金髪の貴公子”リック・フレアーと対戦し勝利。2日間で38万人を動員という快挙を成し遂げ、金ファミリーとも強いパイプを持っている。

2ちゃんねるの話で猪木の口が軽いので張成沢が死刑になった説が出ています。

張成沢が中国の指示で親中派の金正男を北朝鮮の総書記にする計画を訪朝中のアントニオ猪木がうっかりお漏らししたという噂。

まあ面白い話ですが猪木が知り得る程度の情報ならとっくにバレていますって。

猪木が死神酋長な件

画像は若い頃の猪木、名前は死神酋長、テレビのチャンピオン太に出演したときの姿です。

anton-deth

死神酋長の名付け親は力道山でまんがのみならず猪木寛至のリングネームを死神酋長にして売りだそうと企んでいたそうですが猪木が懇願して反対しアントニオ猪木のリングネームになったって話です。

チャンピオン太の動画の出演者に猪木の名もなく死神酋長と刻まれています。

猪木の政治家としての実績にイランイラク戦争の時に日本人の人質開放がありましたが、のちにフセイン一家はアメリカ軍によって無残な死を。

そして今度は張成沢の処刑と猪木も関わった大物政治家が不幸な死をとげていて死神酋長と呼ぶにふさわしい不気味なものを感じます。

次は誰だ?

【張成沢氏処刑】アントニオ猪木氏「言葉控える」 張氏と11月に会談 – MSN産経ニュース

猪木と北朝鮮のパイプが外れたら猪木のスポンサーの平和が外れるかも知れません、スポンサーが抜けるとIGFの活動が継続できるかも怪しく、写真じゃ笑顔に見えますが、テレビで見たところ神妙な表情だったのはパチンコ関係のスポンサーが抜けるのを心配してなのかも知れない。

日本維新の会のカジノ推進政策(パチンコ利権の移動)のあるうちは大丈夫かも知れませんが、自民がそっちの甘い汁も吸ってしまいそうな気配なのでどうなるかわかりません。

広告