「つながりやすさ」は au 圧勝、ソフトバンクには不満爆発 — 47都道府県別 iPhone 5s/5c 満足度調査 – インターネットコムより

cat-itソフトバンクのCM見て「つながりやすさ」グラフの比較が98〜92%の範囲で注意して統計とらないとわからない誤差です、タレントと流行に乗りつつ下らないCMで一般人に品質の良さをアピールしていますが実際は違うようです。

iPhone2013年モデルが出る前にKDDIが800mhzのLTEのアンテナを増設していたのでこの結果も納得と言ったところです、CMの内容からソフトバンクは強引な日程でアンテナ増設しているようですが多分駅とかから優先に工事を進めているように思えます、ドコモとソフトバンクは周波数の高い2.1Ghz帯の電波を使っているので距離が出ないんですが電波さえつかめば速度が出やすいという特徴があります。

ソフトバンクはプラチナのアンテナの設備に2年かかるとかどこかに書いてあった気がするので、その頃になったらCMで異常なまでにアピールしてくる事が予想できます。

まああんまり外で通信しないので「つながりやすさ」の評価をしにくいんですが、見通しの良い大通り沿いのコンビニ入ったらドコモSIMでも通信が切れる事もあるので、電波の死角に入ったら動くしかありません。

以下ネタ元より引用

「つながりやすさ」は au 圧勝、ソフトバンクには不満爆発 — 47都道府県別 iPhone 5s/5c 満足度調査 – インターネットコム.

通信キャリア3社による「iPhone 5s/5c」の発売から3か月が経とうとしている。発売直後には多くのメディアで各キャリアの通信速度調査が行われ、調査方法・スポットによって様々な結果が出ていたが、その後暫くして利用者は各キャリアの“つながりやすさ”をどう感じているのだろうか。

ネオマーケティングが実施した「47都道府県別 iPhone5s/5c つながりやすさ満足度調査」によると、iPhone 5s/5c の“満足度1位”獲得数は、KDDI(au)が31県、NTT ドコモ(docomo)が6県、ソフトバンクモバイル(SBM)が2県で、引き分けが8県。関東・関西地区をはじめ全国で au が満足度1位を獲得したという。

あなたが現在、主に利用している携帯電話の通信会社(キャリア)に関して、「通話・通信品質・エリア」全体としてあなたは満足していますか。(単数回答/n=1,830)

■不満が最も多いのは SBM ユーザー

主に利用している携帯電話に関して、どういう時に不満を感じるかを聞いた調査では、「よく感じる」と「たまに感じる」の合計が最も多かった項目は「LTE につながらない」で21.9%。次いで「他の携帯電話の通信会社(キャリア)がつながっている場所でつながらない」(21.2%)、「インターネットの速度が遅く、なかなかページが開かない」(19.2%)。

あなたが現在、主に利用している携帯電話に関して、どういう時に不満を感じますか。(項目ごと回答/n=1,830)
あなたが現在、主に利用している携帯電話に関して、どういう時に不満を感じますか。
(項目ごと回答/n=1,830)

これをキャリア別に見てみると、上位10項目のうち8項目で SBM が「よく感じる」「たまに感じる」と最も多く回答されていた。特に「他の携帯電話の通信会社がつながっている場所でつながらない」は28.7%と圧倒的だ。

広告