川崎のレイプ逃亡事件で報道内容が変わった件

cat-jiji川崎のレイプ犯の逃亡事件、昨日の朝一番の報道で杉本容疑者が「腰紐が緩んだので締め直して欲しい」と警察官に言って締め直す際に逃走って報道だったが、昨日の昼の時点で警官が腰紐の緩みに気付き締め直す際に逃走と微妙に話が変わっている。

犯人にはめられた警官の過失を隠すためマスコミに圧力をかけたのか過失の隠蔽で情報を発表しなおしたのかは不明だが、最近では大阪府警が検挙率を上げるため被害届を受け付けない問題が発覚しました、なんでこんな事やったかと言うと「メンツ」を守るためだったらしい、メンツにこだわってこういう事をした事例があるだけに、神奈川県警が事実を隠蔽したような印象を受けてしまう。

警察の過失で4000人とか大量投入して未だに逮捕できないって犯人が警察組織ってその程度なのかとちょっと残念に思うわけだ、最近は治安維持より自転車の違反取り締まり強化したり駐車禁止を民間に委託したりして一般人に対する罰則強化しているだけで、平成に入ってから警察=正義の見方ってイメージはほとんど無くなった。

国際情勢が不安定なので日本もテロの危険があるし、アグリフーズの農薬事件(テロの噂あり)もまだ犯人が見つかっていない、王将の社長殺害もしかり、日本の治安が急激に悪化しているように思える。

東京オリンピックの準備もあわせ2020年まで警察の果たす役割が大きいので下らない失敗で仕事を増やしてほしくないものだ。

マスコミでレイプ魔の逃走情報を流していて友人からバイクを借りたという、本気で逮捕したいなら車種とナンバープレート公開すべきじゃないかな。

被害者の人生を晒し者にして番組作るマスコミに任せずに、警察もお尋ね者チャンネルとかyoutubeで情報を毎日流せばさほど経費をかけず検挙率が上がりそうな気がするのでうまく活用してほしいものです。

広告