名護市基地移設反対派稲嶺市長当選で事と次第で普天間周辺で事故が起きるんじゃないかと妄想している。

cat-jiji沖縄の米軍基地移設問題で辺野古に移設反対の稲嶺市長が当選した件で仲井真知事が承諾した基地の移設がまたこじれているんですが、普天間の基地移設理由が人口の多い普天間が事故が起きた場合被害が多いからで辺野古の移設がスムーズに行かないと普天間基地周辺の住民が危険に晒される時間が延期されるのが実情で普天間の住民からすると稲嶺市長の当選でガッカリした人も多数いると思う。

さてそういう状況下で基地移設をスムーズに行うシナリオを考えると普天間周辺の町中で飛行機事故でも起こして犠牲者でも出れば「あの時移設しとけば良かった」って話になる、その事故が故意(陰謀論)であろうがなかろうが基地移設を反対した人が悪くなるシナリオ。

アメリカという国の冷血さを考えるとそれぐらいの自作自演はやりかねないと思う、だから「アメリカ出て行け」って話になるんだが、それが実際に起きれば基地反対派がさらに米軍アレルギーを起こして過激な行動を起こすこと考えられるが、基地賛成の人間も黙っていないので沖縄県民の対立が激しくなるんじゃないかと想像している。

基地移設の決断に関しては投票総数3万人程度で判断するには責任が重たすぎる話で、普天間で事故が起きた場合稲嶺市長の覚悟や意志では受け切れないんじゃないか。

安倍政権が沖縄に配慮して予算大量に入れているんだけど、結局大増税した金が沖縄に流れているので沖縄がゴネるほどに国民の(ツケ)負担が大きくなるカラクリです、ハワイのようにリゾート観光だけで採算の取れる沖縄になるのが理想なんでしょうがハワイにも米軍のキャンプはあるので軍隊ゼロは難しいと思います。

地元の感情はよそ者にはよくわからないのですが沖縄県民のリテラシーとか悪い方に誘導されている部分もあると思います、国と国、国と沖縄県で取り決めた事なのでこれ以上ゴネても国民は得しません。

アメリカ軍を追い出すには日本が独立した軍隊持つしか無いので、日本国民の総意でその覚悟ができるかって事を考える時期にさしかかったんじゃないかと思っています。