ネットブックでChrome32が重いからJavaScript切ったら良くなった意味がない。

cat-itネットブックのChromeが重いAtom N270一応SSD積んでるしramdriveにキャッシュ入れてるので読み書きの遅延の可能性は考えにくいので単純にCPUが処理に追い付いていない様子、速度を落とすと言われる拡張のGhosteryやAdblock Plusは入れても切っても変わらない。

特にWordpress使ってるサイトの読み込みが遅くてイライラします。

色々触っていてJavascriptを切れば以前の速度に戻ったんですが、同じWebkitエンジンのブラウザーのMidoriだとJavascript入れても超絶サクサクでしてChromeのJavascriptがトロさの原因と確信した直後に以下の記事があったのでchrome-beta33をインストールして「Javascriptの試験運用機能を試す」を有功にしたら若干早くなったんですがまだサクサクと言えません。

正式版で早く良くなればいいな。

引用元: グーグル、「Chrome」ベータ版に「並列コンパイル」機能を追加–JavaScript処理を高速化 – CNET Japan.

Googleが「Chrome」に歩きながらガムを噛む方法を教えたようだ。

最新の「Chrome 33」ベータ版に「並列コンパイル(Concurrent compilation)」と呼ばれる機能が組み込まれた。これは、同ブラウザにおいて、実行中のウェブページコードから最適化されたバージョンへの変換がより滑らかで高速化することを意味する。

ChromeプログラマーのYang Guo氏は米国時間2月13日、「並列コンパイルは、Chromeにおける遅延を低減するための新たな1歩だ」とブログ投稿で述べた。

広告