【Linux Mint16】GeditでGrepでちょっとハマった。

cat-it先日紹介したX New Tab Pageが起動時にhao.newtabplus.comって変なアドレスに一瞬アクセスしているのに気づいたので拡張のソース調べるのにGrepが必要なんですが、Linux Mint16インストールしてから標準エディタのGeditをGedit-File-Searchプラグイン拡張していなかったので入れようとしたらハマったので作業メモ。

gedit-file-search Plugin1.1 をhttp://oliver.github.io/gedit-file-search/からダウンロードして入れて見たが動かなかった。

ちょっと悩んでmint16にインストールされているGeditのバージョンを確認したら2.30.4だった

サイトの注意書きをよく見ると「Note: this plugin only works on Gedit 3. For Gedit 2 support, use version 0.6.」とちゃんと書いているので0.6落として入れて見たらうまく動かない。

ファイルに添付されているReadmeを読むと

「Note for users of RHEL and Scientific Linux: make sure the “gnome-python2-gconf” package is installed; otherwise the plugin cannot be enabled.」

ややこしい事が書いてあるので更に古い0.4をダウンロードして解凍

http://olivergerlich.wordpress.com/2011/05/10/gedit-file-search-plugin-0-4-released/?relatedposts_exclude=136

  • file-search.gedit-plugin
  • file-search.glade
  • file-search.py

の3つを右のフォルダに入れればOK /home/user/.gnome2/gedit/plugins

Gedit起動し設定のプラグインに File Serachが追加されました。

gedit-plugin

プラグインを有効にして、メニューの検索のところの「find-serach-file」から実行

gedit2

serch forが検索ワード入れるところでsearch inでフォルダー指定

gedit03

とある拡張をGoogleでgrepしてみたところサクサクと数秒で終了、エディターが分割されて検索結果が下に出る。ああ便利

最後にGeditは2と3じゃプラグインの対応が変わるのでバージョンに注意しましょう。

広告