eo光のスマホサービス、mineo(マイネオ)発表、通話とデータ通信で月額1590円よりと安い。

cat-itミネオじゃなくてマイネオって読むんやで。

関西じゃ有名な関電グループのケイオプティコムがついにスマホ事業に参加しました、料金プランを発表、大手キャリアに比べると維持費が格安です。

http://mineo.jp/

mineo

シンプルな料金形態だけど特色をさっくりピックアップすると。

  • シンプルタイプ、LTEのデータ通信費980円、1GBまで速度規制なし、1GBオーバー分は200Kbpsに規制、100MB150円で追加チャージあり。
  • デュアルタイプ MNP可能な090の通話サービス付加、シンプルタイプに月額610円プラス。
  • 050電話LaLaCallが無料で利用
  • 契約は1年縛りで解約金が9500円、ただし13ヶ月目以降は解約金なし。

http://mineo.jp/charge/

au系の初のmvnoなのでauのiPhone5S,5C,Sol21~24の白ロムが使える

MVNOといえばijmioなどdocomo系のSIMが主流でしたが、mineoはauのMVNOなのでauのLTE端末が使えます動作確認端末は下記リンクに表がありますが、代表的な端末はXperiaのSol21~24とiPhone5S,5CのSIMフリー及びau版です。

現在au版のiPadは確認機種に出ていません。

注意点はiPhoneのテザリングは無理、AndroidはOK

iPhoneの場合テザリング可能なSIMでもiOSのバージョンが変わる度にテザリングができなくなったりアンテナピクトが立たなかったりするのはよく有ることなので、仕方ないことです、ユーザーの要望が増えたらアップルの方でなんとかしてくれるかも知れません。

http://mineo.jp/device/

050のIP電話LaLaCallが無料で使える。

eo光やmineo契約者なら月額100円のIP電話のLaLaCallの基本料金が無料

携帯へ1分18円、一般電話へは3分8円の通話費になり節約も可能、OCNや楽天がSIMと050のIP電話を提供しています050と090両方提供しているキャリアはmineoが初めてだと思います、請求書が少ないほうが管理が楽なのでこれはうれしいですね。

http://lalacall.jp/

家族割の代わりにIP電話使うのも一つの選択肢です。

サービスが始まってないので品質は評価できないものの料金や内容は魅力的

ドコモ一筋だった筆者も去年からauのLTEをiOSとandroidの両方で使っていますが回線の不満はありません、イオ光のサポートもしっかりしているのでその部分じゃ安心です。

ドコモのVolteとかキャリアが個性を出しはじめたので、mineoの登場はスマホ業界の起爆剤になりそうです。