2chmateがopen2chや2ch.scに対応したがBe持ちの人は流出に注意。

cat-androidandroidの2ちゃんブラウザーの2chmateのbeta(現在のバージョン0.8.6.11dev)が2ch.scやopen2chやまちBBSに対応しました。

多様な掲示板に対応してやったーー!!って素直に喜べないちょっと複雑な話がでてきてるので、Be持ってる人はしばらくバージョンを上げないほうが良さそうです。

2chmateはスパイツールって荒らしのような書き込みが多数あったので関連スレッドとかを見ると。

「2ch.netのBeのログインパスワードがバージョンアップで2ch.scのBeに書き換えられて2ch.scにユーザー情報が流出した」との書き込みを見つけました。

筆者は2chは所有スマホのスレROMる程度のライトユーザーでBeを使ったことが無く、スレの書き込みが事実か嫌がらせなのかは検証できませんが、2chmateの浪人のところを見ると確かにBeのログイン場所が2箇所になっています。

2chmate-be

文句を書いた人が間違えてscのところにログイン情報を入れて勘違いで騒いでるかも知れないし、勝手に書き換わったとの主張があるので関数書き間違えたバグとも考えられます。

しかし、バグを潰すため人柱相手にdev版配布しているので、おかしい部分があっても即スパイツールと言うのは良くないです。

あとガセかも知れませんがWEBブラウザで2ch.netのあと2ch.scに行くと2ch.netのcookieを2ch.scが食って漏れるとの書き込みもあったので、注意したほうが良さそうです。

2chmateの不具合でこうなった可能性もあるし、2chmateはスパイツールと書いた人の言うとおりアプリの作者がひろゆきと結託した可能性もあるので(ほとんど無いと思ってる)事実関係がはっきりするまでBe持ちの人はバージョンアップを保留したほうが良さそうです。

またバージョンを下げたい場合は下記のリンクに古いバージョンがあるのでダウンロードして再インストールしてください。

https://sites.google.com/site/nikenonomonooki/2chMate/file

また2ch同士と思ってログイン情報を間違えて入れないように、完全に別物です、Be買うような人がひっかかるとは思わないけど念の為。

ひろゆきがまぎらわしいミラーサイト作る行為に出たのはちょっと意外というか残念だ。

筆者はもめごとに興味がないので詳しく追ってないのでざっくりしたことしか理解していないんで認識に間違いがあるかも知れませんが。

2ちゃんねるは、創設者のひろゆきと新管理人のJIMでトラブルになっていて対立状態でクーデターで追い出されたとするひろゆきが2ch.scを立ち上げたんですが現在転載禁止の2ch.netの書き込みを丸ごと転載したミラーサイトを作って転載OKという2ch.net潰しの行動に出ました。

2ch.netに書き込んだはずが2ch.scに勝手に転載されると気分が悪くなる人もいるでしょう、名誉毀損や犯行予告が書き込まれた場合の損害賠償訴訟あどっちの管理人を訴えればいいのかややこしい。

ひろゆきは裁判起こされた時に、責任を逃れるため2chの運営を譲渡したはずなので、現在の主張を見る感じじゃひろゆきの方が筋が通っていないように見えます、ひろゆきの今書いている事が事実でも名誉毀損や損害賠償とかの裁判で偽証したことになるって内容の書き込みもありました。

ゴタゴタ抜きに2ちゃんねるは味気が無くなったね。

10年以上前に出来たアングラ掲示板もネット人口が増えて、好き放題やってたツケが回ってきて、前は冗談や釣りで殺害予告して笑ってた話もガチで事件起こす奴が出てきたせいで規制が強化されるようになりました。

今では冗談でも犯罪予告やジョークウェア的なウイルス作っても犯罪扱いされるようになってインターネットの存在のあり方が昔と変わってしまった、昔は脱法ぎりぎりのアングラ的な面白さがあって2ちゃんねらー同士の仲間意識も強く共同作業でコンテンツ作ったりってパワーもいたるところにありましたが、今は少なくなって2ちゃんねるの魅力や存在価値は薄くなってしまった。

以下参考にそれぞれの主張を貼っておきます。

2ch.netの主張

転載元 http://2ch.net/

Racequeen incは、2ch.netというドメインの所有者であり、かつ、登録機関に所有者として登録されております。  
現在、Racequeen inc と西村博之さん及び彼が所有するパケットモンスター社との間で、誤解が生じております。  
Racequeen inc による2ch.netの管理運営に何ら違法性がないにもかかわらず、
2ch.netを支援してくれているボランティアの方々までもが、
西村博之さんによって法的責任を追求すると言われている現状は、憂慮すべきものであります。  
Racequeen incは、西村博之さん及びパケットモンスター社との間の問題については、
今後も両者と協議を続けますが、何ら司法判断が存在しない状態で、
Racequeen inc と商取引(広告掲載契約等)をすることに違法性があるということは法的には誤った判断です。

かかる商行為に違法性があるとの西村博之さんの主張は、Raceqeen inc の名誉を著しく既存するものであり、
法的対応を検討せざるをえません。

Race Queen, Inc
Cityland 10, Tower 1 Suite 2303
Makati NCR 1226 PH
Phone: +63.28943848
Fax: +63.28121343

ひろゆきの主張はこういう感じ

転載元 http://2ch.sc/www2chscindex.html

昨今の2ちゃんねるの現状に関して。

2ちゃんねるのサーバとドメインは株式会社ゼロのレンタルサーバサービスを借りて運営されてきました。
月額2万ドルという契約で10年以上その関係は続いてきました。
昨年より、株式会社ゼロが提携するNTテクノロジー社の経営が芳しくないということで、契約のサーバ代金に上乗せして多額の送金をしてきました。

具体的に昨年より送金した金額は下記になります。

2013/3/1
24万ドル(24,520,000円)

2013/7/10
12万ドル(12,256,800円)

2013/10/15
12万ドル(11,949,600円)

2014/1/8
4万ドル(4,231,200円)

 

金額にして、52万ドル、日本円にして5000万円以上の送金をしました。
契約上では、1年間に24万ドルの契約ですので、レンタルサーバ代の送金額が不足していたという事実は全くありません。

ところが、2014年の2月19日に、レンタルサーバ会社側は、サーバのログインアカウントを変更して、2ちゃんねるの運営スタッフがサーバに入れないようにし、ドメインの登録名義を変更して、2ちゃんねるを乗っ取るという行為に出ました。

そして、サーバのレンタル代とは関係なく、5万ドルの送金をするように強要されました。

2014/2/21
5万ドル(5,174,500円)

 

2ちゃんねるの諸権利は、西村博之ないしパケットモンスター社に帰属するものであり、株式会社ゼロ及び、NTテクノロジー社に権利を譲渡したことはありません。

よって、彼らはサービスとドメインの違法な乗っ取りをしているというのが、現状の2ちゃんねるです。

以上のように、彼らは2ちゃんねるの正当な権利者ではなく、サービスを乗っ取った不法行為者ですので、2ちゃんねるに関して、なんらかの方針を主張したとしても、なんの効力も発揮しません。

彼らが正当な所有者であると主張する可能性はありますが、西村博之ないしパケットモンスター社からの権利移転の契約書並びに対価の支払い証明を提示できるか確認して頂ければ、どちらの主張が真実かは明らかであると思います。

*************

といったわけで、この発表を受けてなお不法行為への協力を継続をしている方々も、共犯と見なして、民事及び刑事の責任を追及する可能性があります。

わかりやすく言うと、現状の2ちゃんねるのボランティアをしてる方々は、不法行為を助けてることになるので、この発表後もボランティアを継続する場合は、共犯とみなして、責任を取ってもらう可能性があるということです。

広告代理店等の方で、現状の2ちゃんねるに広告を載せている業者の方も、不法行為と知りながら、広告を載せて利益を享受し、不法行為を行っている者に利する行為をしているので、同様に民事及び刑事の責任を追及する可能性があります。

また、2ch.scの公開は次の日曜日ぐらいを予定していますよ。。と。

2014/04/01

ひろゆき