維新分裂ニッポンバンザイ

cat-seiji自民党が社会保障を担保に増税したのに現状維持すらせず受給年齢遅らせたりして失望していて政治ネタは書くことを控えていました。

キメセク接待の噂流れる竹中平蔵と日本最大手パチンコ部品メーカーをバックに堺屋太一が有識者で政府にいると日本人をドレイにする政策が捗りますね。

女も働け!年寄りも働け!でも大学は義務教育だお!

足りないドレイはやる気のある移民として輸入すればいいのでニッポンバンザイ

だいたい魚の世界ですら琵琶湖を例にしても外来種が繁殖して在来種が絶滅寸前で根本的な解決もできていないのに、それより宗教も価値観の違う獰猛な外国人が日本で増えて、在来種の日本人とうまく行くはずが無い、これは差別じゃなくて文化の違いは簡単に埋まらないってこと。

集団的自衛権の解釈変更とか左翼がぴーぴー言ってるけど、ネトウヨ得意の外患誘致って言葉を安倍晋三に突きつけてやってください、社会保障の改悪の方が我々には切実な問題です。

さてさて

日本維新の会が結の党とくっついたら、石原慎太郎はもう無理と決別

新日本プロレスの永田さんのツイートで維新の分裂を知った訳ですが。

北朝鮮好きの猪木は維新に残らしい。

政策の違いから結党当時から分裂が噂されていたのでやっと抜けたかと思ってる人も多いと思います、石原と橋下のカジノ構想の利権一点でつながっていたタッグもついに解消

何故か平沼が激おこでインタビュアーにキレて恫喝した場面が報道ステーションで流れていたけど、保守に人気のある平沼は真逆の与謝野と組んで裏切られて、また同じような事を繰り返しています。

大阪に限ると対立候補を同じ選挙区に建てない選挙協力で橋下維新を作るきっかけになった、みんなの党と公明党は今は大阪維新と協力関係に無いのを見てわかるように、野党再編に野心がある議員は渡辺喜美裏切ったり代表の石原慎太郎に不満タラタラだったり、手を組んでも寝首を掻くような人たちばかりで上手く行くとは思えない。

プロレスの歴史で見てみると

政治のイザコザというのは日本のプロレス史にだいたい当てはまります(こじつけだが結構当たる)

今回の事例は、日本維新がメガネスーパーのSWSとして選手確保に色の違うのを集めたのはいいけど選手のわがままで3つに分裂したのその後、インディー統一FFF機構って動きがあって、WARを造反して石川たかしが作った東京プロレス筆頭に高田延彦のUWFインターWAR離脱した冬木軍が合体して新日本や全日本を超える規模の団体にしようと手を組んだものの、スポンサー企業がぽしゃって旗揚げ前に空中分解しました。

その後プロレスよりガチっぽいPrideやK1がブームになってプロレス業界は10年以上苦悩の時代が続くんですが、政治の世界で格闘技ってなると軍国化が進む兆しなのかも?

広告