大容量のモバイルバッテリー買わんほうが良かったの巻。

cat-zakki去年ハワイに行く時にスマホの充電が切れたら嫌なのでモバイルバッテリーの大きいの買った、価格も購入当時2800円(今は3500円弱)とコスパもよく13000mAhもあるのでiPadであろうがフル充電できるし、大震災とかで停電時にも安心と思ったのが購入した理由だった。

買ったのはAnkerのコレ

http://jp.ianker.com/product/79ANM3-WB1A1JA

anker13000

重たい

商品は自体は悪くないんだけど、バッテリー単体で300g以上ある購入前に仕様で確認しているんだけど、端末とか含めて持ち歩くとこの300gオーバーがあとからじわじわ来て重たく感じてくる、「お前は子泣き爺か!」って言いそうになった。

まあ電気の供給の無い国や山の中とかサバイバル環境ならこの大きさもありだけど、ハワイなら予備バッテリーでiPhoneが一回分充電できる容量があれば遊び終わってホテルに帰っても十分足りる事に気づいた。

国内ならauやドコモの店でも充電ができるし、基本室内にいるので尚更モバイルバッテリーの出番は無いのであった。

充電が終わらない

なんでこんな事ボヤいてるかって言うと、このバッテリー久しぶりに使ったら容量が25%以下に減ってたので充電したまま寝て起きても充電が完了してなかった、それから半日ぐらい放置しててもまだ充電してたので、満充電は寿命が落ちるって説もあるので充電終了させたけど、自分には過ぎた容量だったようだ。

これぐらいの大きさにしといたら良かった。

使い方は、これぐらいなら荷物にならないし実用的な容量じゃないかな。

欲張ってばかでかいの買って後悔しないようにって話です。

画像はAnker使ってるけどあくまで参考で宣伝じゃないです。

Anker Astro

 

広告