raspberry piのBとB+モバイルバッテリー動作時間

cat-linux海外のraspberry pi spyってサイトに面白いデーターがあった。

raspberry piの色んな容量のモバイルバッテリーでのモデルBとB+の動作時間を測定比較したもの、B+は電源周りを改良していて少電力化されていると発表されていたが、実際に3割程度の改善があったようだ。

元々省電力PCだがサーバー等で24時間稼働させる場合にこの3割の差は大きい。

以下の表から携帯性に優れた1セルで3000mAh程度のバッテリー使ってモデルBを動かした場合でも5時間程度持つと推測できる、定点カメラなど、あとは長時間外で使う方法を考えればいい。

ソース

http://www.raspberrypi-spy.co.uk/2014/08/raspberry-pi-usb-power-bank-mega-test-august-2014/

以下Raspbery Pi Spyより引用

results :

Brand Device Model Capacity (mAH) Age Model B
(Hrs:Mins)
Model B+
(Hrs:Mins)
Lumsing PBJ-6200 6000 New 11:20 18:20
RAVPower RP-PB07 10400 New 17:55
RAVPower RP-PB07 10400 1yr+ 17:00 28:55
Lumsing PB-AS008 11000 New 19:22
Lumsing PB-AS008 11000 3mths 18:40 28:45
Generic   12000 New 18:40
Generic   12000 1yr+ 15:55 25:40

There were a few conclusions I made after completing these tests :

  • The Model B+ consumes 30-36% less energy than the Model B.
  • The run-time is largely proportional to the stated capacity.
  • Branded devices perform better than generic equivalents.
  • Older power banks loose performance over time.