Windows10にアップグレード記念カキコ

cat-jijiacer switch10をwindows8.1bing!からwindows10にアップグレードしました。

予約してもなかなか落ちてこないのでマイクロソフトのリンクでツールをダウンロードしました。

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

ツールがよく出来ていてUSBメモリに焼くときに32ビット64ビット両方が選べす、筆者のように64ビットと32ビット両方所有してる場合でもメモリが1本で済むので楽です。

アップグレードは楽だった。

32インストールしているPCで64ビット化しようとしたらエラーで弾かれましたが、32ビット選んでツールの指示に従ってアップグレードかけて1時間ほど外出して帰宅したらwin10になっていました、初期設定等すればwin8.1のアプリや設定も消えずにすんなりとアップグレードは成功。

インストールが終わったらツール使って容量をあけよう

アップグレード直後はいろんなファイルが容量を圧迫するので今どきの低容量のPCならたちまち容量不足になるので、windowsのディスクのクリーンアップツールのシステムファイルのクリーンアップツールを使って掃除しましょう、隠しフォルダを直接消すとシステム的に悪いので注意のこと。

筆者の場合はアップグレード前の状態がまるごとバックアップされたwindows.oldフォルダ15.5GBと一時ファイルの3.2GBを削除しました。

自分の場合は前の状態に戻す必要がないのでwindows.oldは消しましたが、windows10が安定してから削除したほうが安心です。

容量が64GBしかないPCなので不要ファイルの削除で20GB弱の容量が空くのは大きいです。

感想まあまあ良いがアクションセンターに不満がある。

手探りで触って設定しただけで認識不足が多々あると思うけど触った感想を書くと。

windows8.1のチャームがアクションセンターに変わった、アクションセンターで無線LANやBluetoothのオンオフが簡単になった、通知の確認が見やすくなったんだけど、8.1時代のように時刻が大きく見えないのはマイナスポイント、タスクバーの時刻タップすると時刻は大きく表示されるんだけど、アクションセンターは面積にゆとりがあるのでカレンダーと時刻と電池の残量を入れてくれたほうが使い勝手が良い。

あと8.1同様ノートPCのバッテリー残量がタスクバーに数字が表示されないのも不満なところだ。

タブレットモードも8.1の方が使いやすかったし、スタートの7と8の統合は両方の悪いところを出し合っている気がする、まだまだ改善の必要があるように感じたが不満点も時間がたって慣れればフォローできる範囲内だと思うのでwindows10は悪くないと思う、PCのスペックが足りないとか特殊なアプリ使ってないかぎりアップグレードを拒む理由は無いように感じました。