chromeでスペルチェックの設定が消えた件

cat-it新規でwindows 10にchrome入れたらスペルチェックの設定から消えて非常にうざい、検索したらchrome47から廃止になったとか。

chrome://flagsでスペルチェックの項目があったので無効にしてみたがちゃんと機能してない、久々に改悪って感じる仕様変更だ、テキストの入力も変になるしchromeはバージョン上がるごとに悪くなる、イカレタ奴がバグ増やして遊んでるんだろうな。

今更chrome新規で入れた訳は

テレビでnjpw worldの配信動画見るためwindows から無線でDLNAやraspberrypiやiPhoneからfiretv stick でairplayとか試したけど満足いくレスポンスは得られなかった。

タブレットPCにHDMIでテレビにつないでセカンドスクリーンに動画を表示させるのが一番いい結果だったがケーブルが邪魔なので、タブレット買ってから全然使ってなかったthinkpad e420をテレビ台に据え置きで使うことにした、5年前のPCだけどcore i5にssd入れてるので去年買った安いタブレットPCなんかより全然早い、windows10 にアップグレードすればまだまだ現役で使える(ブラウザで動画が見れたらいい)

アップグレードして困ったのはthinkpadの省電力マネージャがバージョンの差異でwindows10 が勝手に削除されてしまったのと、コンピュータを閉じたまま使うのでスマホで休止から起動させるためのWOLがちゃんと動かない。 前者はwindows10 用のバージョンチェック外すツール使ってインストールして解決、後者はWOLの修正パッチがレノボにあるので入れたら治った。

アップグレード後にクリーンインストールしたけど、スリープの復帰とか電源周りが思った動作しないので原因を調べ中。

広告