石井智宏タイガーハンターへの道2010年12月

2010/12/01(水)広島・広島産業会館 西展示館 (11枚目)

タイガー&金本vs石井&矢野

タイガーは、張り手、ローリングソバット、パイルドライバーと繋ぎ、タイガースープレックスの構えに入る。だが、石 井が後ろ向きに走り、タイガーを コーナーに激突させて脱出。するとタイガーは、前方回転エビ固めを決めるものの、その回転に乗じて石井がタイガーのマスクを完全に剥ぎ取ってしまう。

即座にゴングが打ち鳴らされ、反則負けを喫した石井だったが、ふてぶてしい表情を浮かべ、タイガーのマスクを持ち去ってしまった。

金本「もう、これはタイガーの問題やから。(12/11)大阪では、他のタイトルマッチのことなんて考えなくていいから。大阪では石井をブッ潰せ。俺が言いたいのはそれだけ」

※タイガーマスクはノーコメント

石井「余裕だよ。タイガー、相当フラストレーション溜まってんだろ? これもよ、すべて俺の思惑通りだよ。そのフラストレーションも大阪ですべて開放されんだよ。(タイガーから奪ったマスクを誇示して)大阪でよ、このマス ク、キッチリ剥ぎ取ってよ、素顔さらしてやっからよ、大阪で。4代目タイガー? 大阪で終わりだ」

2010/12/02(木)広島・広島県立ふくやま産業交流館・ビッグローズ

タイガー&後藤vs石井&飯塚

試合後、石井がタイガーを襲撃。しかしタイガーは、カウンターミドルキック、張り手で蹴散した。

タイガー 「石井はパートナー次第だよ。パートナーがよければ、あいつもいいってだけのこと。今日は飯塚、全然だった んじゃない。こっちは後藤だもん。石井はね、あいつが今出来ることは、マスクを剥ぐことぐらいしか出来ない。レスリングは出来ないんだよ。髪の毛を賭ける 勇気もない。(12/11)大阪(のシングル戦)はどんなルールになるか分かんないけど、必ず、大阪以降、リングに立てないぐらいにするから」

2010/12/04(土) すぽっシュTOYOHAMA開館4周年記念!!(12枚目)

タイガー&ライガーvs石井&飯塚

石井は、後ろ向きに走ってタイガーをコーナーにぶつけて振りほどき、ラリアットで追撃。そして、ライガーを羽交い絞めにすると、アイアン・フィンガー・フロム・ヘルを装備した飯塚が地獄突き。

続いて飯塚はタイガーにも地獄突きを放つが、辛うじてタイガーがかわす。ところが次の瞬間、石井がタイガーのマスクを完全に剥ぎ取ってしまい、試合終了となった。

試合後、石井がマスクを持ち去ってしまったため、タイガーは予備のマスクを被り、怒りの表情で退場した。

タイガー 「試合になんないね。毎回、毎回これじゃ。年に何回も来ない会場なのに、毎回これでしょ? 本当にやってて呆れるというか、怒り通り越すよね。毎回、毎回、これじゃやる気あるのかも分からないしね。本当、分かんないわ。ファンの声もね、『潰 せ』って帰る時も聞こえたし。(12/11)大阪のシングルっていうのはね、当然ファンの方も分かってるし。今度は1対1だから。セコンドなんかつけさせ ないし。もう本当に、(1/4)ドームにも上がれないようにもしないといけないと思うしね。彼がドーム出るか知らないけど。それぐらいアイツをケチョンケ チョンにやらないと気が済まないね。許せない」

石井「タイガー、またほざいてるらしいな、この野郎。俺 がレスリング出来ねぇ? マスク剥ぐ事しか出来ねぇ? 勘違いすんんじゃねぇぞ。マスク剥ぐ事しか出来ねぇんじゃねぇんだ。マスク剥ぐ事しか考えてねぇんだ。オメェとよ、レスリングやって何になんだよ? オメェから3カウント獲って何になんだよ? 何もなんねぇんだよ。言ってんだろ、最初からよ。目的はこれ(タイガーのマスク)だって。大阪では完全に素顔さらしてやっからな。大阪のファン、楽しみに しとけよ」

2010/12/05(日)兵庫・明石市立産業交流センター

Dリチャーズ&石井&内藤&高橋vs田口&デヴィット&タイガー&中西

試合後、またもや石井がタイガーのマスクを剥がしにかかる。一方、リチャーズはデヴィットを捕まえ、シャープシューターを極める。そしてリチャーズは、デヴィットのIWGP Jr.ベルトを勝手に持ち出し、自分の物であるかのように高く掲げた。

石井「(タイガーについて)あと6日だろ。悪夢によ、うなされて待っとけよ、この野郎。オメェが望む完全決着、やってやるよ。オメェこそよ、セコンドの手借りんじゃねぇぞ。1対1でやってやる」

2010/12/11(土) 大阪・大阪府立体育会館 (シングルで石井が勝利)

○石井智宏( 08分27秒 ラリアット→片エビ固め)タイガーマスク×

石井は後ろ向きに走ってタイガーを押し込み、佐藤健太レフェリーに激突させる。

この直後、タイガーが回転十字固めを繰り出すものの、満足に動くことのできない佐藤レフェリーのカウントが遅れてしまったために、3カウントには至らず。

すると、石井はマスク剥ぎで逆襲してタイガーの動きを止め、こん身のラリアット。これで一気に3カウントを奪った。

試合後、石井は佐藤レフェリーにキックを見舞い、またもやタイガーのマスクに手をかける。それをファレたち若手が必死で制止した。

石井「髪 の毛賭けろだ? イキがった口きいてっと、こうなんだ。アイツこそセコンドに手借りてよ、素顔隠してんじゃねぇか。オメェよ、マスク賭ける勇気あんのか? 今日かかってたらよ、4代目終わってんだぞ、コラ!! オメェがよ、本当にマスク脱ぐ勇気があるんだったらよ、俺も(髪の毛)賭けていい ぞ。でもよ、結果は一緒だよ。所詮アイツはあんなもんなんだよ。あいつの言い訳、楽しみにしてるよ」

タイガー「(『タイガーさん、記憶 ありますか?』)記憶はあるんですけど、金的(急所攻撃)がかなり効いて。今日は絶対いけると思ったんですけどね。(『今日は決着戦のつもりだった?』) 当然ですよ、それは。今まで散々恥かかされてきて、もう、最初もあいつが絶対つっかかって来ると思ってたからね。あれは想定内だったんだけど。まぁ、あい つを褒めるところといえば、よく蹴りに耐えたなってことぐらいですかね。まぁ、完全な負けですよね。

(『終わ れませんね、このままで』)終わらないっす ね。いや、終わらせない、絶対に。この後、何試合かあって、(1/4東京)ドームに入っちゃってね、時間が空くけども、俺にとってはその時間もないと思っ てるから。ドームでもいい、あいつとシングルやらないと。ドームが一番手っ取り早いです、俺は。ドームでどういうカードになるか知らないけど。

一番近い の がドームだなと思いますけどね。(『その前にGHCジュニアヘビー級タッグのタイトルマッチがあります』)GHCもあるけども、今はもう石井のことだけで すね。俺はそんな器用な選手じゃないから。あっちもこっちも行かれない。今は石井のことだけです。

もうちょっと新日本のシリーズが終わってからでないと、 考えられないですね。(『ファンも期待しています』)今日の声を聞けばね、『石井を必ず潰せ』っていうぐらいのファンの勢いですから、それは自分の胸に秘 めて、絶対あいつを潰す。それしかないですね」

2010/12/12(日)愛知・愛知県体育館(13枚目 石井が連続のフォール勝ち)

石井&リチャーズ&飯塚vsタイガー&バーナード&アンダーソン

石井が、タイガーの体を宙に上げ、急所にキッ ク。そして、マスクを剥がそうとするものの、佐藤健太レフェリーが必死で制止。怒った石井が佐藤レフェリーを脅している隙を突き、アイアン・フィンガー・ フロム・ヘルを装備した飯塚が、タイガーに地獄突き。ダウンしたタイガーを石井が押さえ込み、3カウントを強奪した。

試合後、飯塚と石井が暴れだし、石井がタイガーのマスクを剥いでしまう。すると、天山がリングに飛び込み、2人をモンゴリアンチョップで撃退し大歓声を浴びる。

ところが、ゾンビのように復活した飯塚が、スリーパーホールドで天山に報復。狂乱状態の飯塚は、セコンドの肩を借りて花道を下がる天山にイス攻撃を見舞い、奇声を発しながら退場した。

石井「オラ!! いっちょ上がりだ!! 一緒だよ、結果はよ。オメェはよ、俺には勝てねぇんだよ。ふざけんじゃねぇぞ。いつでもよ、(髪の毛)賭けてやるよ。いつでも賭けてやるよ。テメェはよ、もう下降線たどってんだよ。あとは落ちるだけなんだよ」

2010/12/16(木)東京・ディファ有明 (14枚目)

タイガー&金本vs石井&矢野

試合後、石井がまたもやタイガーのマスクを完全に剥ぎ取り、頭に被って持ち逃げしてしまう。タイガーは、若手たちのTシャツで顔を覆い、金本とともに退場した。

石井「(タイガーの覆面を持ちながら)オイ! 毎度、おなじみの攻撃だよ? コイツもよ、アイツにもう被られたくねーんだってよ? オイ、タイガー、もう一回、言うぞ? テメーによ、(マスクを振りかざしながら)かける勇気あんのか? テメーの口から言ってみろ?」

2010/12/18(土)宮崎・生目の杜運動公園体育館(15枚目)

タイガー&金本&永田vs石井&内藤&高橋

タイガーが石井に、ダイビングヘッドバット。チキンウィングアームロック。だが、これを内藤がカットに入ってレフェリーを引き付ける間に、石井がタイガーをマンハッタンドロップで叩きつけ、急所キック。そして、マスクを剥ぎ取り、反則負けとなった。

2010/12/23(木)東京・後楽園ホール(16枚目)

タイガー&天山&真壁vs石井&飯塚&田中

タイガーは、石井の腕を取ってタイガードライバーを狙う。これを石井が踏ん張ると、タイガーは体勢を入れ替えて三角絞めへ移行。だが、無理やり立ち上がった石井が、手を伸ばしてタイガーのマスクを剥ぎ取ってしまい、試合が終了した。

石井「オイ、タイガー、オラ! マスク賭けてやるのか、やらねぇのか? ハッキリしろよ、コノヤロ~!」

2010/12/26(日)秋田・秋田市立体育館・サブアリーナ(17枚目)

タイガー&永田vs石井&中邑

タイガーは、ツームストンパイルドライバーからのチキンウィングアームロックで石井に追い討ち。そして、タイガードライバーからフォールに行くが、石井がタイガーのマスクを剥ぎ取ってしまう。即座にゴングが打ち鳴らされ、石井の反則負けという裁定が下った。

試合後、石井がマイクを掴み、「タイガー、コラ! マスク賭けてやんのか、やんねぇのか、ここで答え出してみろ、コラ!やんのか、オラ!」とタイガーを挑発。

これに対しタイガーは「オイ、石井! お前な、毎試合、毎試合、マスクとって誰がおもしれぇんだ、こんな試合! おもしろいのか、こんなマスクとって!お前、それしかできねぇのか、この野郎!」と逆襲。さらに、「お前の望みどおり、お前の髪の毛とマスク賭けてやって やる、この野郎!」と叫ぶと、場内が大歓声に包まれる。

続いてタイガーは、「今度、秋田に来たときは、コイツのつるっぱげの姿見せますよ。いつでも来い、この野郎!」と石井を挑発。これで乱闘となるが、セコンドたちが必死で2人を分けた。

混乱が収まったあと、タイガーが改めてマイクアピール。

タイガー「今年最後の新日本プロレスの試合なのに、こんな試合になっ てどうもすみません(※大歓声)。次の(1月4日)東京ドーム、自分は本戦には入って いませんけど、第0試合から盛り上げますんで。そして、ここにいる永田さん、鈴木みのるを返り討ちにしますんで、新日本プロレスの応援をお願いします! (※大拍手)そして、いま言ったように、石井の髪の毛を全部剃りますんで(※大歓声&タイガーコール)」

タイガー 「自分の方から言わせてもらえばね、リングで言った通り、もういつでもいい。あとは会社に任せるから、日程とかは。当然、(1/4)ドームもある から、ドームを挟んでという形になるけれども。もう日程はいつでもいい。俺は待てない。『マスクを賭けて、髪を賭けろ』とは俺が最初に言ったんだから。い つでもやってやる。そしてあのきったねぇヒゲ、あれも全部剃ってやる、俺は。必ず剃ります。どうもありがとうございました(と言って永田と握手)」

石井「(※タイガーに対し)オイ! テメェは今日の発言飲み込むんじゃねぇぞ。いいか、客が見てぇのはテメェの素顔なんだよ。分からせてやる」

関連記事